• このエントリーをはてなブックマークに追加

トランギアで炊飯その2

 今度はトランギア+でかい鍋で炊飯。燃費もよくてなかなかいい感じ。


 米1合をMSRのアルパインクラシッククックセットの1.5リットルのステンレス鍋で炊飯。無洗米なんで体積比で米:水=1:1.4。180ccの米と252ccくらいの水を鍋に入れ、十分に水につけておいてから、火にかける。いつものように最初強火、沸騰したら弱火。

 弱火は火力調整ふたで。このLittle Johnのゴトクは火をつけたままフタを被せられるので使いやすい。

 単純に焦げ臭がした瞬間に火をとめるとうっすらおこげ程度で炊飯完了。時間を計らなくていいし焦げ付かないので簡単でオススメなニホヒ法炊飯。その後しばらく蒸らしてできあがり。

 室内無風の条件だけど、燃料用アルコールは20cc程度しか使わなかった。火力は十分すぎるほどだと感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ヒロ より:

    私もトランギア愛用者です。
    三角五徳じゃなく、煙突効果で火力が強いコッヘルとセットの奴ですが。

    ご飯を炊くのは、もっぱらこればかりです。
    短時間で炊けるし、焦げ付きもなく重宝してます。
    炊き方も、最初強火で沸騰したら弱火。
    まったく同じ!
    記事読んで嬉しくなっちゃいました。

  2. quickturn. より:

    >煙突効果で火力が強いコッヘルとセットの奴ですが。
    トームクッカー派なんですね?
    メインストーブにするならあれは必需品かもしれませんね?

    >まったく同じ!
    やっぱりこれに行き着くんですねぇ~
    昔は時間計ってやってましたけど失敗ばかりでしたけど、
    これにしてから失敗は殆どなくなりました。

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。