• このエントリーをはてなブックマークに追加

足痛

 ここ数日右足の内側のくるぶしのあたりが痛んだのでせっかくの休日だけど安静にしておいた。困ったことになぜ痛いのかがわからない。


 痛みの質でいうと打撲と同じ。表層が打身と同じように痛む。だけど打った記憶も外傷も痣もない。それにそんなのはたいてい1~2日で消えるのに、もう1週間くらい痛い。

 すぐ治るだろうと思っていたが全然治らなかったので、どこにも行かず安静にしておいた。久しぶりに湿布も貼った。こんなの貼るのはもう何年ぶりだろう?っていう感じ。

 歩いたり立ったりしている分には特に問題なくて、階段を上がったりすると痛む。よくよく観察してみると、足首を曲げたり伸ばしたりすると痛むらしい。

 原因があるとすれば先日の自転車ツーリングなんだけど、特別長い距離を漕いだわけでもアップダウンが激しかったわけでもないし、それにその日は特に何ともなかった。次の日くらいから痛むようになった。

 今日散髪に行くとき、自転車に乗っている間によく観察してみたら、どうも足を平らに保とうとすると痛む気がする。つまりO脚なので本来足が外側に傾いているにもかかわらず、ペダルをまっすぐ踏もうと無理な方向にひねったまま漕ぐことになるわけで、それが悪影響を及ぼしているのではないか?ということだ。

 以前スキーを履いていて平らに踏めないということに気付いたのだけど、多分それがペダリングにおいても悪影響を及ぼして知らず知らずのうちに故障してしまったのではないかと。以前は100km漕いでも平気だったけど、通勤を除いて自転車に乗るのは久しぶりだったこともあって、どっか筋がイカレタのではないかと推測している。

 きっと日ごろの行いのせい、日ごろの不摂生のせいだろう。こういう痛み方は初めてなのでちょっと心配ではあるけれど、もうしばらく様子見だねこりゃ。

後日追記

 その後自転車で合計120kmくらい走ったけれど、自転車に乗っている間は全く問題なかった。確かに、痛む直前の自転車ツーリングの日は何も問題なかったので、その後に何かあったと推測される。山歩きとかした後は痛みが増した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. fusai より:

    ご心配です。
    年末年始の多忙な時期ですから不自由されているでしょう。

    >だけど打った記憶も外傷も痣もない。それにそんなのはたいてい1~2日で消えるのに、もう1週間くらい痛い。

    一昨年かな。長門峡を歩いたとき(10kmくらい)に、私も似たような症状になりました。ただ歩いただけなのに足を引きずらなければ歩けないくらいに痛みました。
    病院では「捻挫」「炎症を起こしている」といったようなことを言われました。数日間の湿布治療でなんとか回復。

    まずはお医者さんへ、と言いたいところですけど時期が時期ですから開いてないか・・
    湿布で治ると思うけどね。若さで!

  2. quickturn. より:

    ご心配ありがとうございます。
    日常生活には特に支障がないので大丈夫です。

    表面が痛いので多分捻挫じゃないと思うんですけど、腱鞘炎の一種かなぁ?とシロウト判断しています。

    最近、軽症で医者にかかるのは忌み嫌われるでしょ。
    だから様子見なんですけど。あの辺が難しいですね。
    軽症と思ったら重症だったということもあるかもしれないし。
    何でも診てもらえっていえるくらいにお医者さんが暇になるくらい増えるといいですねぇ。

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。