• このエントリーをはてなブックマークに追加

バックロールとリバーススイープロール

 ロールの名前ってさまざまで、もしかしたら人によって呼び方が違うかもしれないですね。

 特にバックロール系がよくわかりません。というわけで、個人的に整理して過去記事も勝手に書き直してみました。


 "back push roll"でググってみると1件もヒットしないんです。多分一般的じゃないんでしょう。でも、"Reverse Sweep Roll"はたくさんヒットします。というわけで、「リバースロール」として紹介していたものを「リバーススイープロール」と書き直しました。

 じゃぁ"バックロール"は??英語圏をググってみると、"Behind Back Roll"とかいうものばかりがヒットして、これも一般的な言葉ではないのかもしれません。でも、あるところでムービーを紹介している方がいて、それは、以前私が「偽バックロール」として紹介していたものでした。だからその方に倣って、「バックロール」と書き直しました。

 バックロールは「頭がスターン側にあるまま沈してフィニッシュが空を向いている」リバーススイープロールは「頭がスターン側にあるまま沈してフィニッシュがスプレースカートを向いている」ってことにします。でも、あなたが教わった「バックロール」はまた違うかもしれません。違ったら、教えて頂けるとありがたいです。まだ何が正しいのかよくわかっていません。間違ってたらご指摘頂けると幸いです。合ってたらそうだそうだと言ってくれるとPCの前で微笑みます。

 ところで、「バックデッキロール」はそれぞれとはまた別モノと考えています。今まで私が「バックデッキロール」と呼んでいたものは、ただのリバースロールの一種でしかないのかもしれません。頭の中では「こうだ」っていうのがおぼろげながらあるのですが、まだその考えを実証できていないのでなんとも言えません・・・。この夏みっちり試してみます。できたら、「これがバックデッキロールだ!」ってな感じで紹介したいと思います。できるかなぁ~。

 フリースタイルのワザでは「これがラウンドハウスだ」「これがブラントだ」「これがパンナムだ」と規定があると思うんですけど、ロールの名前っていまいちよくわかりません。しかしいわゆる「セルフレスキュー」としてのロールでは、そんな何ロールとか名前とかどうだってよくて、「起きたもん勝ち」だから、何でもいいんだと思います。でも、さまざまなロールを区別して実現できるようになることが、自分の動作をより深く理解できて、セルフレスキューの「マージン」を広げることになりますし、結果として最も得意なロールの成功率をかなり上昇させることができると思っています。なので、そんなロールはイラネェと思わず、しょーもないロールをやってみるといいと思います。ハマればバウステ頑張るよりおもしろいかも??

 浅瀬で沈脱して「セットできなかった~」って言った方をみたことがあります。浅いから体をセット状態へ持っていけなかったんですね。でも、バックロールの練習をやってたなら絶対起きられたんです。浅いから、バックロールなら手をついてでも起きられたんです。そういうケースもありますから、とりあえず練習はやっておいた方がいいと思いますよ。やって損はないです。

 「CtoCロールやってみて」「スイープロールやってみて」って言われて、区別してできますか?CtoCって難しいですよね。パドルが艇の横に来るまで「起きちゃダメ」なんですから・・・。でもそれらをあえて区別してできるようになるとさらにロールの幅が広がると思います。

 ある日某超有名動画サイトで動画を見ていたら、今まで「スイープロール」としてやってきたことが、「バックデッキスイープロール」「ツイスト&スライスロール」と2種類に区別して掲載されていました。こういう風に分けてあるなんてめずらしくないですか?目からウ○コです。○はンじゃないですよ。でもこれらをどちらも区別して使えるようになると、ロール技術が発展できると思います。

 こうやって楽しみながらさまざまなロールをできるようになってくると、ロールが特殊な「セルフレスキュー技術」から「カヤックの楽しみ方のひとつ」になってくると思います。そこまでくれば、「ロールは一世一代の大イベント」から「ロールは日常」ってことになって、日常なんですから失敗して沈脱なんてありえない、パドルフロートって使わなくね?ってことになってくると思うんですが、どうでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんと(^。^)y-。oO より:

    う~ん やっぱり理解が出来てない(^^;
    リバーススィープ???
    スィープすると…フィニッシュはやっぱりバックロールになるんだけど(^^;

    最近 変なロールばかり…、合宿でしっかり初心に戻らないと(^^;
    浅かったら…『川底ロール』
    岩があったら…『岩ロール』
    スィープが怪しくなったら…『スィープ+ドローロール』
    パドルが沈んでしまったら…『縦スィープ』

    起きれば良いのさ~の典型ですね(T^T)クゥー
    進歩してるのやら…、退化してるのやら…。

  2. quickturn. より:

    >合宿でしっかり初心に戻らないと(^^;
    今年は僕は一部しか合宿に参加できませんが、
    左ロールを練習してみてはどうですか??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です