• このエントリーをはてなブックマークに追加

エスキモーロール(13) スカリングロールI

 ロールをより確実にするなら、ぜひマスターしてもらいたいのが「スカリングロール」です。パドルを一生懸命動かすのではなく、頭や体やPFDやパドルの浮力を最大限に活かし、パドル動作の周波数を抑えることで、優雅なスカリングロールをすることができます。また、ここに到達するまでにたっくさんの要素が詰まっていますので、それができるようになると、頭が先に起きるとか、そういうロールの失敗は全くなくなりますし、一度でダメでも何度でもセットするまでもなく即座にロールにチャレンジできるようになります。ロールができるようになったけどもっと確実にしたい、そう思ったら、ぜひチャレンジしてもらいたい技術です。

 初めて作ったFlashアニメーションで、ヘタな絵をきっとごまかせたハズ!?もしかしたらなんちゃらのインストールが必要かもしれません・・・。


 ここで扱う「スカリング」について取り決めをしておかないと話が混乱するので、それをはっきりさせておいて、そのうえで何度かに分けて「スカリングロール」に到達することにしましょう。まずは「スカリング」について、そして「スカリングブレイス」について、最後に「スカリングロール」に踏み込むことにします。もしかしたら、一般的な伝統的な「スカリング」とは違うのかもしれませんが、私の中ではこう解釈していますということで。だから、習っている先生から「こんなもん違う!」って言われるかもしれませんが、そのときはその先生に従った方が人間関係を壊さなくていいでしょう。

 スカリングロール自体は必須技術とかでもないのですが、そこに至る過程にいろんなエッセンスが詰まっていると思っています。とりあえず、スカリングブレイスができるようになると、顔はつけたくないのでロールはしないけど体は冷やしたいとか、カヤックに乗ったまま息継ぎしながら水中観察したりとか、そういう特殊な遊び方もできるようになります。ぷかぷか浮くだけならカヤックでいいやん、わざわざフィンとかシュノーケルとかつけなくても、ってことになったり・・・。さすがにもぐったりはできませんが・・・。

8の字スカリング

 「スカリング」というとパドルを8の字に・・・なんてよく言われているようですが、それって、このアニメーションのように、違う二箇所でパドルを引いている変形ドローストロークであって、本来のスカリングとは全く別モノだと思っています。「スカリング」ってそもそもどういう意味なのよ!?って聞かれたらよくわかりませんのでその辺はゴニョゴニョっとしときますけど・・・。とりあえず、ここではこのスカリングは違うってことにしときます。

ここでのスカリング

 じゃぁどういうのをスカリングっていうんだよ?っていうことですが、こんなのです。赤いのがパドルのブレードです。ブレードの角度を45度にして、8の字ではなく直線に動かします。バシャバシャ急いでやる必要はありません。ゆっくりゆっくりやりましょう。

 ブレードを右に動かすときは、パワーフェイス(漕ぐ面)が右側を向く45度の角度を作ります。そして水中で右へ動かすと、ブレードへ水がぶちあたります。青い矢印が水の動きを表すとでも思ってください。ほんでもって、45度の角度があるので、ぶちあたった水はこの絵でいう下の方へ方向を変えられます。

 水の方向を変えるときに、反力(っていうんですかね)が働いて、ブレードには水とは逆の力が加えられます。これをピンクの矢印で表しています。いわゆる「スカリングドロー」とかいう艇を横移動させる技術は、このピンクの力が横方向の推進力となるわけですね。

 例えば艇を右に真横に動かそうと思ったら、左手はおでこのあたりで支点にして、パドルはできるだけ垂直にして、右手を左右に動かします。しっかり握るとやりにくいので、指先でひっかける程度がいいような気がしています。右手を進行方向(この場合は艇の右方向)の右(つまりスターン側)へ動かすときは指でひっかけてパドルを引いて、左(バウ側)へ動かすときは手を開いて指の腹で押す感じ。これが、なんとなくいいような気がします(邪道かもしれません)。推進力はパドルのシャフトと直角の方向に働くので、できるだけ垂直にしないと推進力をムダにしてしまいます。

 ブレードを横に動かしている間は角度を変える必要はありません。早く動かす必要もありません。ある程度横に動かしたら、そこで手首じゃなくてひっかけた指を返すような感じでブレードを90度ひねります。動かしながらひねる必要はありません。それは力のロスにつながります。ブレードの角度を整えたあとで、反対方向に動かします。

 最初はゆっくり、確実に角度を作ることから練習した方がいいでしょう。角度を作って、ブレードを左右に動かしている間はその角度を維持することに注意しましょう。慣れてきたら、スカリングレースとかやってみると結構燃えます。スカリングで進む方向をスターン寄りだったりバウ寄りだったりといろいろ変えてみるとなかなか面白いです。

 艇を上流に対して斜めにして漕ぐことで水流を横断する「フェリーグライド」と考え方は同じですね。川の流れを斜めにした艇にぶつけ、その反射させた力と艇を進ませようとする方向のベクトルの和の方向が川を横断する向きで・・・ってまぁそういう感じです。

 さらに、パドルを動かすことによって水を反射させるのではなく、パドルは固定し、艇が動くことによって水との相対速度を作ると、「サイドスリップ」になります。または、瀬の中で艇と水との相対速度ができても同じですね。8の字スカリングではサイドスリップにはなりませんよね。

 ではこれを踏まえて、今回の推進力を浮力に変えてみましょう。しかしまぁFlashアニメーションって簡単でおもしろいですねぇ。絵心さえあればなぁ~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. riverstyle2 より:

    ちょうど、ロールを改造している時で、イマイチ上がりが悪くなってました~(^^;

    パワーロールだったんでそれを改造しようと思ってやっているのですが全然うまくいきません。。

    とってもBestなタイミングです(^^)
    早く続きが見たいです!!

  2. quickturn. より:

    おぉっ
    そんなプレッシャーを・・・
    多分改造ロールが完成したころに次の記事ってことになったりしたらゴメンナサイ!

  3. ヒロ より:

    いつも思うんですが、すごい分析力ですねえ。
    俺は、スカーリングってよく解らなくてやってみても、ロールで起きるまでにはいたらなかったんですが、これ見たら出来る気がしてきます。
    週末、試してみます。

    それから、最近左のロールが起きなくなってしまいました・・・
    バックロールとか、バウ刺しの練習をしてると基本的なロールの動きが出来なくなるのかなあ?
    右のロールもセットなんかせず起きる癖がついてしまったので、基本の動きが、自分でわからなくなってきてます。
    そんな経験ないですか?

  4. quickturn. より:

    >すごい分析力ですねえ。
    体をうまい具合に動かせないので、考えて考えて理解してからじゃないと
    なーんにもできないんです。
    見様見真似でパッとできちゃう人とかいるじゃないですか。
    そういう方がうらやましかったりするんですが・・・。

    >そんな経験
    ありまくりですよ~。
    こんな風に記事書いたりするくせに自分がやるロールなんて
    むちゃくちゃです。起きたもん勝ちとも言いますが!?
    左のロールもあまり使わないので苦手です。
    意識して使うようにしないといけませんね。

  5. ヒロ より:

    ですねえ・・・
    意識して練習しようとしたら、出来ないのに気付いたです。
    途中まで起きて、起きないからバックスイープしたら、バウが刺さってバウステになるんです。
    ある意味、こっちの方が嬉しかったりして(^.^)
    ダウンリバーしてたら、左しか出来ない場合ってあるもんねえ。
    カヤックって奥が深い・・・練習しよっと!

  6. quickturn. より:

    >起きないからバックスイープしたら、バウが刺さってバウステになるんです。
    パーティートリックじゃないですか!
    すごいですねぇ。
    あれやろうとしても、沈したままもがいているようにしか見えません・・・。
    練習しよっと!

  7. ヒロ より:

    ロール出来る右は、バウステまで持っていけないんですよね・・・
    ロールの苦手な方向がお勧めかも?^_^;

  8. quickturn. より:

    そうなんですよね~。
    ロール出来る右はバウステできなくて、
    バウステできる左はバックロールできなくて・・・
    どっちも練習しよっと!!

  9. ヒロ より:

    >ロール出来る右はバウステできなくて、
    >バウステできる左はバックロールできなくて・・・

    ???
    この現象って、なんか面白い?
    俺も同じ!
    Qさん、ちょっと分析してみてください!
    よろしくお願いしますm(__)m

  10. quickturn. より:

    分析ですか・・・・
    練習不足ってことですかねぇ・・・。ハハハ
    ガンバロウ

    でも何でなんでしょうね。
    ロールは最初に右を練習する人が多くて、
    ダブルポンプは左を練習する人が多いって。
    この辺だけかもしれませんけどね。
    ロールは左の方がブレードの角度がちょうどいいと
    思うんですけどね。
    ダブルポンプはどっちからでもいいはずなのに!?

  11. fusai より:

    45度でゆったり直線に動かす。ゆったりでもググッと力を感じるのでしょうね。何だかやる気湧いてきた。って言うか試したくなってきました!

  12. quickturn. より:

    もちろん高速で動かせばそれだけ早く移動できますけど、
    角度を維持して動かす方が大切ですし、ゆっくりでも
    ロールやブレイスには十分なんです。

  13. けんと(^。^)y-。oO より:

    わたしにとっては不思議なロール…。
    なぜか?スカーリングロールするにも普通のロールみたくセットしないとうまくできない(^^;
    スカーリングロールはヘタなりに出来るのに、スカーリングは思ったように動かない(笑)

    取り合えず…体の浮力を感じて、うわ~っと浮かぶためだけのスカーリングだったりして(^^;
    バックロールといい、スカーリングロールといい…そんな感じ~って具合にできるのばかり(^^;
    うまくいろんなロールが出来るようになる前に…やたらと沈しないようにならないとね~。
    超浅いとこでロールは痛いもの(T^T)クゥー

  14. quickturn. より:

    スカリングはダウンリバー中はあんまり使わないでしょうけど、
    水とブレードの関係を理解するには一番いい練習だと思いますよ~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です