• このエントリーをはてなブックマークに追加

Indigo Equipment G-String Pack スキーキャリアー

 サイドバーからリンクしているのでご存知かと思いますが、よく使っているアメリカのアウトレットを扱っているSIERRA TRADING POSTというサイト。そこで、オモシロイもの見つけました。Indigo Equipment G-String。スキーを運ぶためだけのバックパックです。他には何も入りません。でも、こういうの、ほしいなぁと思ってたんです。


 これを使うときはザックを背負ってないわけですが、用心用心と思ってついつい何かと多めに持っていくので、そもそもザックを持たずに山に登るってことがありません。それでもって持っているザックはスキーホルダーがついているので普通に登るときには必要ありません。ていうか、シールをつけて板を履いて登るので、そもそも板をザックにつけることってそうそうありません。

 じゃぁいつ使うのよ?出番がないじゃない?ってことですが・・・。登って登ってやっとこさ山頂について、そこで休憩だったりしますよね。その間にちょっとそこまで滑ってまた登り返すっていうとき、またシールをつけて登るっていうのも何か面倒だし、かといって重いザックを担いで滑って、ザックに板付けてまた登り返すっていうのも面倒。ってことでザックをデポして滑って、そして板を手で持ってザックを置いたところまで登ってくるっていうことになります。

 足場の悪い雪の登山道ですから、板を手で持って登るっていうのは結構面倒なんですよね。アルペンスキーだったらスキーブレーキがついてるから、二つまとめて担げますけど、テレマークスキーだとそんなものついてないですから重ねて持ってもすぐずれます。両手に一本ずつぶら下げて持ったら、ストックあるし邪魔になってなかなかツライものがあります。しかも手を離したその瞬間に板は谷底まで直滑降ですから・・・。コワイコワイ。

 というわけでこれの登場なのです。これなら使わないときにはザックの中に入れて持って行けるし、滑走中はジャマにならないし、板を担げるし、コレ自体は軽いし、登り返すときもストックを使えるし、なかなか便利そうでしょ!

 お値段は15ドルですが、1割引クーポンが使えて13.5ドル。1500円くらいでしょうかね。

ワイヤーループに板を入れる

 下の方に出て来ているワイヤーループに板を入れます。ひゃっ!!エッジにサビが!

ベルトを引くと・・・

 上の方のベルトとワイヤーがつながっているようです。このベルトを引くと・・・

ワイヤーが締まる!

 きゅうっとワイヤーが締まります。簡単!

バックルを留めて完成!

 ベルトを一回くらい板に回して、バックルを留めると固定されます。たったこれだけなのに、背負ってみると結構しっかりしていてぐらつきません。なかなかいいかも!

ホイッスル付

 横ズレを防ぐヒップベルトもしっかりついています。ヒップベルトには、ホイッスル付バックルが。最近の流行でしょうかね。オスプレイのザックにもついてました。

 いや~なかなか使うのが楽しみなグッズです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ☆mouji☆ より:

    おぉ~,今日は僕もスキーバッグを探していたところですよ~。でも,買わないけど。
    これはスキーを背負うためだけの物なんだねえ。確かにスキーブレーキの付いてない板を担いであがるのは大変だからね。

    あ~!気が付けば僕のスキーにも錆が!!

  2. quickturn. より:

    買わないのになぜ探しちゃうんですか~!!

  3. ☆mouji☆ より:

     なんかね,板を錆びさせるのが嫌で,どうしようっかな~って思って探したけど,やっぱりいいや!ってなったわけなのさ。
     今度,ビニルの袋買ってくることにした。

     節約しないと遊べない :taraaa:
    (いっぱい買っちゃったから。)

  4. quickturn. より:

    なるほど。そういうことですか。
    スキー宅○便の袋がいいとか聞きますねぇ。
    うちではシーズン終わったらチューニングに出して
    帰ってきた袋にそのまま入れてます。
    でもやっぱり何か塗っとくのがいいみたいですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です