• このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML::Template

 CGIとはHTMLの自動生成が全て。しかし、ソースコードにHTMLタグが入っている状況はデザインの変更に大変な苦労を伴う。

 というわけで、大切なのはデータとデザインとプログラムの分離。デザインを決めるテンプレートに、データベースの内容とプログラムの演算結果を埋め込み、出力する。デザインを変えたくなったらテンプレートを変更する。

 ブログだってそうだよね。それらがうまく分離されているからレイアウトはテンプレートの変更でOK。

 今まで自前のテンプレート処理モジュールを使ってきたけれど、設計をせずにコーディングを進めていくスタイルでは(どこかと似ている)そのうち破綻していくのだ。なので、ここへきてHTML::Templateに移行しようと考えている。

 というわけで、ちょっとHTML::Templateに触れてみた。

 これから作るやつは全部これを使用させてもらって、今までのもヒマを見て移行していこうと思った。最初から使えばよかったー。

 でも自分で作るということは大切なこと。もう葬り去られようとしている自前モジュールも、それを作ったことでたくさんの知識を得ることができた。

 そして、今の稼ぎ頭はその自前ヘッポコモジュールで動いているという事実。そりゃそうだ。必要に駆られて必要な機能だけを追加していったものだから、そりゃ必要十分に働くに決まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。