• このエントリーをはてなブックマークに追加

橋の下

橋の下

 橋の下は橋の下でもスケールが違う!


橋の下

 こんなところにやってこれるのも、シーカヤックならではですね。って動力船でも来れますがナニカ。

 橋が架けられるところは一般的に海峡が細くなっているところ。ということは、それだけ潮流も早くなるところ。向かい潮に立ち向かうのではなく、うまく利用すれば、楽に前に進むことができる。これも島がたくさんある瀬戸内海ならではの航海術かな。いい勉強になりました。

 ていうかもう既に日記ではなくなっていますがナニカ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。