• このエントリーをはてなブックマークに追加

台風14号・岩国の被害は

TYS NEWS CATCH 05/09/13
台風14号・岩国の被害は

http://www.tys.co.jp/news/20050913.html

今回の台風で岩国市は冠水など多くの被害が出ました。井原市長は情報の把握が遅れたことなど、機動的な対応が出来なかったとし、防災態勢の見直しを検討したいとしました。=岩国市井原勝介市長「出遅れた感は否めないと思います。そういう意味ではいずれも反省すべき点はたくさんあるだろうと思います。そういう意味でこれからの対策にまた生かしていかなきゃいけないと」=岩国市の井原市長はきょう会見し、各地の出張所の職員らが住民の避難誘導などに追われて本庁への報告が遅れたため機動的な対応が出来なかったと初動態勢の不備を認めました。今回の台風14号で岩国市では郊外を中心に壊滅的な被害を受けました。浸水被害ではきのうまでに床上浸水が1299件、床下浸水が665件報告されています。会見に続いて井原市長は冠水した地域の視察を行い復旧状況の確認などを行いました。このうち校舎の1階部分が冠水した市立杭名小学校では冠水でゆがんだ床板などの改修工事に向け作業が行われていますが復旧のメドは立っていません。岩国市ではきょうから市役所コミュニティ課内に被害についての相談や復旧支援融資の紹介などにあたる台風14号被害の総合相談コーナーを設け相談に応じるとしています。問い合わせ先は岩国市コミュニティ課で、電話番号は0827・29・5017です。

 床上浸水は岩国市1,299に対し美川町は172。なのに、今も多くのボランティアを必要としているのは美川町。同じ床上浸水でも、泥の流入量が違ったのでしょうか。美川町は家が川の中に入ってしまった、岩国市の多くは水が溢れて浸水した、そういう違いがあるのかもしれません。岩国市の方は見ていないのでよくわからないのですが。


追記9/16

「岩国災害ボランティアセンターは、ニーズ対応がほぼ終了したため、9月11日(日)に閉所。ボランティア募集を終了しました。ご協力ありがとうございました。」ということだったので、岩国市はボランティアが必要ない程度に復旧したのかと思っていましたが、どうやらそういうわけでもないようです。まだまだ各地で復旧作業が続いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です