• このエントリーをはてなブックマークに追加

8/18 油谷湾チャレンジコースチャレンジ大会

俵島

8/18 油谷湾シーカヤックフェスティバルの下見ということで、チャレンジコースのコース+岬の先をmojio6000さんと一緒に漕いだ。


 本当は実家からmojio6000さんと一緒にやってくるはずだった油谷。結局実家に帰れず、無理を言って現地集合でお願いした。

 遠くに見える風車が結構回っている。風が強いのか。出艇場所はmojio6000さんに選んで頂いたボニーベイ シーカヤックセンターの前の浜。そして初めて洲澤さんにお会いした。

 今回は9月に行われるシーカヤックレースの下見を兼ねてやってきた。実際漕いでみて、本当に漕げるのかどうかを確かめたかったのだ。というわけで、コース取りはマラソンコースどおりまずは手長島を目指す。

 手長島は地形図で見る限りいびつな形で、しかも東側に小さな島があるはず。だけど、見渡す限り、ぽっこり丸い島があるだけで、これはいきなりミスコースか?と思った。だけど、後からmojio6000さんのGPSの軌跡を見せてもらうと、そのいびつな形をぶったぎる形で通過していたようだ。確かに、ぽっこり丸い島から浅瀬が四方に伸びていた。これが、きっと地形図の島の形なのだろう。底は擦らなかったが、ポリ艇だから平気だけど、FRP艇は気をつけた方がいいかも?

 デジカメの記録で見ると、ここまでで約20分。2kmを20分。時速6km程度?これじゃぁちょっと・・・??まぁ、ミスコース?ってあたりを見渡したあとでの計測だから、ちょっとサバ読んでも、うーん・・・

 とりあえず、その次のチェックポイント江ノ島へ向かう。ここからは西からの風に立ち向かう。mojio6000さんはどんどん先へ進むが、全く追いつけない。うーん・・・。途中、集中力が切れると目的地を見てないことに気付く。バウが左へ振られていた。そんなことが何度かあった。これでは蛇行して、さらにスピードダウンだ。気をつけないと。江ノ島へ着いたら、スタートから一時間。これじゃぁ、先頭集団はもうゴール目前ってところ。うーん・・・最下位争いができるくらいだったらいいけれど・・・

 とりあえず、コースの前半を漕いでみて、あとはゆっくり泊崎へ。やっとまわりを見渡す余裕が出てくる。水がきれい。岩の間に砂があるようで、エメラレルドグリーンの海。きれいだ。

 泊崎で上陸する直前に、ロールを試してみる。ポールがしなり、さらに海底にひっかかっているのが見える。バンダナがでかすぎた?かなりの抵抗がある。なんどかロールに失敗し、そのたびにバンダナがだんだん移動してきているのが見える。で、さらに何度かロールしていると、やっと起き上がった。起き上がったのはいいけれど、水を大量に含んだフラッグはポールを大きく曲げ、着水し、さらに水を含む。これではちょっと使えないな・・・。後で聞くと、mojio6000さんのフラッグは子供用の傘をほどいたものだそうだ。なるほど。これなら水を含まない。ちょっと考えなければならなかった。

 上陸して、ちょっと早めのランチタイム。頂いたフルーツの缶詰、今回は凍らせてあって、シャリシャリと頂く。ウマイ。売っているところを見つけたら、即買い占めなければ。

 午後はフラッグをハッチにねじ込み、出艇。一路、俵島を目指す。だんだん風が強くなってきて、波が少々出てきた。波に揺られつつも、俵島周辺の奇岩に目を奪われる。カヤックに乗らなければ、こんな景色には出会っていなかっただろう。

 俵島周辺は波がぶつかり、さらに複雑な波になっている。でも、ちょっとロールを試してみたくなってやってみた。沈した状態でカヤックが波に揺られているのがわかる。なんだかちょっと焦ってすぐ息が続かなくなるので、もっと心の余裕が必要だ。とりあえず、このくらいでもこのスコールでロールができることが分かったのでちょっとだけレベルアップした気分。

 俵島を回ったところの浜で上陸。ここで引き返す。一路、遠くに見える竹島を目指す。相変わらずの西風で、追い風・追い波。延々と6km少々を波に乗って漕ぐ。だんだんコツがわかってきた。あまりにスピードが出て、たまに波を追い越すことがあった。追い越すと、バウが前の波に乗り上げてスピードがダウンしてしまうので、ただスピードを出すのではなく、波に合わせるのが重要らしい。でも、バウが左右に振られると、少々リーンしても戻せないので、波に対して横を向いてしまうことがある。ここはもっと練習が必要だ。

 竹島で上陸して休憩し、夷島を回ってゴール。油谷のコースを一巡し、マラソンの難しさを思い知る。もし、大荒れで沈続出だったら、ちょっとは上位に行けるかも!?なーんて。一人だったらきっと途中で何度も休憩していただろう。一緒に漕いで頂いたmojio6000さんに感謝。世間のカヤッカーがどんだけ早くて、自分がどのあたりなのかということがよくわかった。まったりツーリングもいいけれど、たまには速く長く(そして楽に)漕ぐことも練習したい。パドリングの幅を広げたい。もっとがんばろう。


虹  撤収し、mojio6000さんと九州へ。お宅の前まで行ってお別れして、やっと実家へ帰る。しばらくして大雨。雨雨。雨が止むと、虹が見えた。写真を撮ってみたけれど、見えるかな?

 実家で夕食。ちょっとゆっくりして、そそくさと高速へ乗る。六日市で下りて、和田さんのお宅へお邪魔してお届け物。一杯頂いた。で、夜は南桑。誰もいない南桑の夜が帰ってきていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です