• このエントリーをはてなブックマークに追加

4/22~23 備讃瀬戸

道具

 4/22~23は、久しぶりにレンスーしてきました。といっても(一時的に?)クラゲが増えた海でおそるおそるだったので、あまり激しくはやってませんが・・・


 昔はフリースタイルカヤックなんてよく知らなかったから、川でも海でもとにかくロールの練習ばかりしてました。他にすることがなかったということなんでしょうか。でも最近は、川では刺すとか挿すとか差すとかばっかりだし、海に行っても前に漕ぐばかりでまわりも練習しないし、結局そういう環境に身を置かないと私なんて練習しないのかもしれませんね。

 そうそう、そのCSCでシーカヤックの中古艇を買いに行ったことが縁でちょくちょく寄らせてもらってるわけです。最初は配達してくださるというお話だったのですが、それも申し訳ないので取りに伺いました。そのとき浜に帰ってきた皆さんがくるくる回っているのを見て、衝撃を受けて、帰ってから散々練習することになったのです。あの時スコールを取りに来なければ、ウォータースポーツなのに水に浸からないシーカヤッカーになっていたと思います。と、何の流れだったかそういうことを話すと、当時私は全然興味がなさそうだったとかアノ人はロールなんてしないだろうとかそういう話をしていたとかで・・・。師匠のコトバに隣でIさんが激しく激しく頷いていたから、多分真実なんでしょう・・・。私、結構感動しやすいというか影響されやすいというか流されやすい方だと思うのですが・・・。楽しいとかうれしいとか感動したとか、もっと体全体で表現できるようになった方がいいのかもしれません!?ひゃっほぅーとかどっひゃーとか素で言ってみるのもいいかもしれませんね。

ざわざわ

 さて今回は、ラサのSサイズをレンタルしての参加です。久しぶりに見たラサは、しばらく見ないうちに勝手に妄想が膨らんだのか、思ったより細く見えました。きっとラウンドデッキがそう見せているのかもしれません。ロールのときも、57cmっていう幅は、艇の復元力と起こしやすさのバランスがちょうど取れた絶妙な幅なのかも。シートの横にポンプもフロートも入るし、使いやすい幅なんでしょう。で、実はラサのコクピットは標準よりでかかったということに改めて気付きました。ラージキーホールっていうんですかね、前も乗ったのに、スプラテックスデッキは小さめにもかかわらずこんな大きなコクピットまで対応してしまうからその時はあまり意識していませんでしたが・・・。

 FRPシーカヤックのコクピットリムの大きさって結構重要だと思うんです。岸に乗り上げてから乗り降りしてるとすぐに傷だらけ。できるだけ浮いている状態で乗り降りした方がいいわけで、そうなると窮屈なコクピットだと乗り沈降り沈しやすくなりますよね。足の出し入れが楽なんで、大きめコクピットはなかなかナイスです。でも個人的にはもうちょっと小さくてもいいかな。小さい方がその分ひざの当たる部分が増えるので、そっちの方がうれしい気もします。

 というわけで、22日の朝、いつもの浜からいつもの無人島まで、遠回りをしておよそ5kmのツーリング。このあたりは普通に潮流があって、上の写真のようなざわざわしたところと下の写真のようなつるんとしたところが隣接していたりして、海って流れてるんだなぁということを感じるところ。

しーん

 ちょっとリーンしたらちょっとターンして、ぐーっとリーンするとぐーっとターンする。この加減が面白くて、毎度のことながら蛇行しながら進みました。よく考えたら、スターンラダーとかぜんぜん使わないんですよね。ちょっとリーンすれば思った方向へ進む(ていうか慣れなくてターンしすぎてましたけど)ので、ただ漕ぐだけならスターンラダーとか入れる必要がないのです。

 無人島へ到着する前もしてからも、クラゲが多くてちょっとゲンナリ。あまりひっくり返る気にならないまま浜へ上がって、ゆったりとした時間を過ごしました。

 ここでは、漕ぐも漕がないも自分が決めること。のんびり過ごすのもいいし、ガンガン練習するのもいいし。クラゲはいやだけど、せっかく来たんだし、ちょっと練習することに。

 新しいパドルになってから、そういえばまだロールをしたことがなかったので、とりあえずシャフトロールとかやってみました。さすがフォームコア、浮力たっぷりで、しかもラサだし超簡単。上向きロールも下向きロールも超簡単。それじゃ練習にならんだろうと師匠が言うので、Tさんのハンドパドルを借りて下向きロール。これはちょっと大きめサイズだったようで、手首に負担が・・・。前借りたくらいのサイズがちょうどよさそうでした。

 その後もゆったりとした時間を過ごしながら、もうひと漕ぎと思って、一周3kmほどのこの無人島を一周してきました。島の裏側ではちょっと逆潮な感じでしたけど、エディを使いながら帰ってくると20分ほどで周回できたようでちょっとビックリ。ラサは短いのになかなか速いようです。

帰路

 6時前くらいになって、帰路へ。川のような海を抜けて帰る間も、サイドスリップとかCストロークとか試しながら帰っていきました。スコールじゃまずできないのに、ラサならいとも簡単にできてしまう。面白いなぁ。

 今回は島でのキャンプはやめて、夕食は戻ってきてから。簡単に済ませ、話に花を咲かせました。話を聞いていて、シーカヤック界(?)のいろんな有名人らしき人の名前やWebページの話が出てきてたのに、私はそのほとんどを知らないんだってことに今更ながら気づきました。

 プロ野球にしてもサッカーにしてもあまり興味がないように、スポーツは見るものじゃなくてするもの、自分が実際にやって、どれだけ成長できてどんなことができるようになるか、私にとってはそこが重要のようです。リバーカヤック関係だと、日々の練習内容とかコツとか書いてあって参考になるし、この人この前はじめたばっかりっぽいのにもうそんなことができるんだぁとか感心するし、でもシーカヤック関係ってそんな技術的なことが書いてあるところってほとんどないし、ていうか他にどこがあるんだろう?カヤックに乗ることが目的か、カヤックが旅の手段なのか、その違いなんでしょうか。私の場合はカヤックで自分が何ができるようになるか、それが面白いのかも。だから、それ以外はあまり興味がないのかな。この考え方も書いててなんか違う気がするが、まぁそんな風に定義づけすることはないか。

観光系!?

 翌日、朝のちょっとした時間に持ってきていたT1に乗ってみるけど、なんだかうまく回れず納得のいかない結果となりました。きっと海の浮力に慣れてないからだ!まだ朝だからだ!と勝手に決め付けて、ラサで海に漕ぎ出しました。

 まずは島探検観光?!現在は草に覆われてあまり使われていないだろう社に昔の島文化を感じつつ、さっき言ったこととすでにチグハグであることを感じつつ、島をあとにしました。いい島ですよね。蛇行しながらいつもの無人島へ。今度のレンスーは左のバックロールをメインに。アドバイスをもらいつつ、ウッドパドルでロングをするとだんだん形になってきました。左右差はスイープロールよりずっと少なくて、こっちの方が自然な感じでできるような・・・?ていうか左のスイープもきちんと練習しなければ・・・。

 雨が強くなったり弱くなったりする中、ブルーシートタープの下で下ネタから深い話まで。この日参加のKさんといい前日のTさんといい、いろんな世界で活躍するいろんな経験と知識を持った先輩方の話を聞ける場でもあります。まだ知らない世の中の仕組みが少しずつ見えてくる場でもあります。そんな話を伺っていると、練習しにきたのに練習もせず話に耳を傾け続けるのでした。

 『今やるべきことを必死にやっていれば、いつのまにか思わぬ引き出しが増えているものです』とは、偶然ですけどちょうど誕生日にもらった言葉。いつの間にか増えた引き出しから出てきたものが、いつの間にか有機的に結合して、いつの間にか違う大きな引き出しになるっていうことは、仕事においても、よく感じていました。今となっては過去形ですが・・・。カヤックにおいても、できることをしっかり練習しておけば、「あ、アレと同じ動きだ」と気付いた瞬間に違うワザが理解できるようになるってことがよくあります。先日書いたスカリングも、単なる横移動だけではなく、いろんな場面で登場します。「あ、スカリングと同じだ」「あ、これもスカリングと同じだ」なんてことがたくさんあります。でも多分、本人が自分で気付かない限り、役には立たないのでしょうね。カヤックに限らず、自分の全知全能を注いでことに望んだとき、何か大きな流れが生まれるのでしょう。何かな。

帰路

 いろいろ考えたので(多分今回もそうは見えなかったでしょうけど!?)話がそれましたが、その帰り道。雨が水面を叩き、いつもと違う海にしてくれます。この中を漕ぐのも好き。でも、ただ漕ぎ進むのはモッタイナイので、今度はローToハイのブレイスコンボとか直角ブレイスターンとか練習してみました。スコールのときは不安で大変だったこれらのことも、ラサだったらとてもまろやかにできる感じ。こりゃ楽しいわ。シーカヤックにはまりそう、なんて今更ながらふと思いました。スピードが出ていて、適切な角度でブレードを水面に押し付けたとき、どうやっても沈めることができません。強力な浮力がそこに生まれてくるんですね。スピードが出ていないとき、自分で相対速度差を作ればいい。これがスカリング。おぉスカリング。また出たか!ローブレイスもハイブレイスもスカリングの1ターンに過ぎないということです。

 正直殆ど漕いでないけど、でもいろんなものが見えてきた二日間でした。どうもありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. mouji より:

     ラサがお気に入りのようですね~。Q様が,いつ海艇を買い換えるか興味しんしんで待っております。僕のように海オンリーになることはないでしょうが,お気に入りの艇で海にハマッチャイマショウ :smile:

  2. quickturn. より:

    出来杉君タイプなので、のび太君がいいですね。

  3. mouji より:

    え?ラサがお気に入りじゃないの?
    のび太君タイプってニヤックみたいなの?

  4. quickturn. より:

    ラサはいい船ですよ~
    でもラサに乗ってると上達しなくなる気がします。

  5. mouji より:

    は~,そういう意味でね~。
    シーカヤックでの上達ってどんなんだろう。
    Qチャンの艇選びはまだまだ続くんだね~。

  6. quickturn. より:

    上達したときに、上達ってこれだったかとわかるもんだと思います。

  7. ヒロ より:

    来られてたんですねえ。
    俺も、あの日は、海に行こうか?川に行こうか?って悩んでました。
    連絡くれたらよかったのに。
    お元気そうでなによりです。
    ラサ買われますか?(笑い)

  8. quickturn. より:

    すみません・・・
    急に決めたものですから・・・

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。