• このエントリーをはてなブックマークに追加

KINCHO おでかけカトリス

 この季節に欠かせないキャンプ道具のひとつになった「KINCHO おでかけカトリス」、詰め替え続けて早3シーズンくらい使ってる気がする。

 虫除けスプレーはなんだか苦手で、蚊取り線香は始末が大変で、この辺がちょうどいいのである。


 いつもテントの天井からぶら下げて使っているが、密閉したテントの中で使ってもまだ生きているので(多分)人体への影響はないらしい。しかし先日テントの入り口を開けたまま寝てしまったら、翌朝片付けるときに蚊の遺体を3匹発見した。それなりに殺虫効果はあるようだ。

 それよりなにより、KINCHOが会社名かと思ったら「大日本除虫菊株式会社」という名前だったと初めて知って驚いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. koinao より:

    お久しぶりぶり。 :smile:

    これ効く?
    蚊の遺体があるってことはホントに効くんだね~。
    なんかコレ系のものってどうも体に悪そうで。
    義父は蚊取り線香使うと喉が痛くなるらしい・・・。

  2. quickturn. より:

    「金鳥の渦巻」ならOKだけど他社のじゃダメとか?
    「金鳥の渦巻 微煙」ならOKとか?
    「天然除虫菊 金鳥の渦巻」なら大丈夫とか?
    やっぱりどれもだめなら煙のない「水性キンチョウリキッド」にするとか。

    ちなみに「水性キンチョウリキッド」と「おでかけカトリス」はどちらもメトフルトリンなので電源のある室内で使うなら「水性キンチョウリキッド」がいいかも。
    一方の「金鳥の渦巻」はdl・d-T80-アレスリンなので、若干影響が違うかも。どちらにしても哺乳類の体内ではすぐに分解されるということなので、それを信じる限り大丈夫と思うけど、それでも心配なら蚊帳にしなされ。

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。