• このエントリーをはてなブックマークに追加

染めQ

染めQ

 ウワサの染色剤、「染めQ」を使ってみました。

 どうせ漕いでるときには見えないもんだからかまわんっちゃかまわんのですが、やっぱり黒がいいので、この染めQブラックに登場頂きました。


 最近はホームセンターの塗料コーナーをいろいろ散策することが多いのですが、このネーミングでちょっと気になってて・・・。こうやってホームセンターをぐるぐる回るのも、いろいろ引き出しが増えていいですね。

 何を染めたかというと、ジャクソンカヤックのSweet Cheeks。輸入代理店のSEEK TRUTHのページには、黒い写真で「カラー : イエロー(実際の商品はイエローになります)」とあります。だから黄色だってことは分かってたんだけど、本家のページには表が黒、裏側がブルーの写真で、「Black and blue Sweet Cheeks come in every Jackson boat. After market (retail) Sweet Cheeks are yellow and black.」ってあるから、てっきり裏が黄色になるだけだと思ってました。逆ですね。Black and BlueがYellow and Blackだから、黒→黄、青→黒ってことだったんですね。

Sweet Cheeks

 シーカヤックな方には馴染みの薄いジャクソンカヤック、このSweet Cheeksは自分のオケツにぴったりフィットしたバケットシートを作ることができるスグレモノ。どうやって使うかはまた次回ってことにして、とりあえずこんな感じのまっ黄色でやってきました。Happy Feet Foot Bagなんかと同じナイロン素材。裏側はベルクロがとめられるように起毛です。

 最初届いてあけたときは、黒の方が上かと思いました。でも、付属のベルクロを留めるためには黒い側が下に来るはずで・・・何度も何度も説明書を読み返しました。でも説明書はBlue Sideを下とか書いてるからわけわかりませんでした。本家のページでチューブが上っぽいので、そこが判断基準となりました。

試し打ち

 目立たないところで試し打ち。目立つってば。でもしばらくして触った感じはもう指にもつかず、さらっとしてナイロンのそのままな感じ。さすがっ

失敗中

 先日ばーっと塗って干していたのですが、湿度が高かったからか一度に塗りすぎたからか、なんか白くなったりしてるし触ると指につくので、ちょっとこれはおかしい!と一度タワシでごしごし擦って落としたのがこの状態。

 見た目すっごくキチャナイのですが、でも遠くから見ると迷彩っぽくて、これでもいっかぁ~なんてちょっと思いながらもやっぱり塗りなおし。

こんな感じ

 今度は薄く薄く何度かに分けて塗っていきました。この写真ではイマイチ感たっぷりですが、このあともう一度塗ると、もうまっくろ。いい感じ~♪

 十分に時間が経った後、指でこすったりワシャワシャやってみましたが、さすが「染めQ」、色移りもなくいい感じに仕上がりました。ごくごく薄くを何度か塗り重ねるという基本どおりの塗り方をすれば大丈夫っていうことですね。

 何でもかんでも染めたくなるっていうウワサは本当です!迷彩ウォルディーズとか作ってみたくなりません?

 しかしまぁ、あれだけスター/オールスターが売れてるんだから、Sweet Cheeksを外してフォーム貼りに交換した人もいるわけで、そういう人から譲ってもらったらこんなことしなくてもいいんですよね~。だからどっちかっていうと、塗り替えるよりそういう人を探すことをオススメします。

 次回はSweet Cheeksを使ったフィッティングをやってみましょう~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です