• このエントリーをはてなブックマークに追加

エスキモーロール(7) リバーススイープロール

 スイープロールの回で軸変換という話をした。実はこれに気付いたのは、バックデッキロールを練習していた時だった。

 スイープロールがどんなものか、CtoCがどんなものかなんて、起きればどうでもいい話。それぞれの合わせ技だろうがアタマで起きようが、そんなのはどうでもよかった。

 でも、バックデッキロールをやろうとすると、なかなかうまく起きられない。そして到達したのが軸変換の意識。それがわかると、おぉ、スイープとCtoCはこう違うのか!という考え方に至ったという次第。


 バックデッキロールは入水時に体をスターン側にまわして、沈するときはおなかから落ちていくらしい。リバーススイープロールは背から落ちていくらしい。

 ていうか、どっちから沈するかっていうのはロールに関して言えばどうでもいい話。だが、バックデッキロールはフリースタイルプレイのひとつとして組み立てられることもあるので入水の方法も重要なのだろう。

 起きるところは多分みな一緒。というわけで、起きるところを調子に乗って図にしてみた。

空を背にして沈をした
図1:よくある沈の状態

 実際に沈するときって、体が伸びて下を向いてしまうことの方が多い気がする。ちょうどこんな図のように。覚えたてのCtoCをしようとすると、そこから体を折り曲げてセットしなくてはならない。でも、沈してしまうような状況では、セットすらままならないかもしれない。そんなときは、もうその状態から始動するリバーススイープロールで起きるのが早い。

スケルトンにしてみた
図2:沈した状態

 例によって見やすいようにスケルトンにしてみた。沈した状態が即ちセットの状態。他のロールと違って、フェザー角が効いてくるのでこの図で紹介する方向からのロールがおきやすい。

ロール開始
図3:ロール開始

 沈した状態から、空を背にしたまま体を回し始める。このとき、体のひねりを十分に使うためには、今度は胸は水面下をずっと向いていることが重要。

90度ひねり
図4:90度ひねり

 ここまで来ても胸は下を向いたまま。そのまま体を回転させる。ここのあたりがこのロールの要。もっとも重要なポイント。ここまで来たら、横に出ている足を体の下に持ってくる。

 この時もうひとつ重要なのが、パドルの左のブレード。このまま回転させると艇にぶつかって回転が止まってしまうので、ちょっと浮かせて艇をよけるのだ。

あと少し
図5:ほぼ起きた状態

 この辺にくると、艇の復元力が効いてくる。しかし、ふつうのスイープロールなどと違って下半身の分頭が高い位置になる。従って、再び沈しやすい状態にある。フィニッシュまでしっかり伏せて、上半身を曲げておこう。

リバーススイープロール完成
図6:リバーススイープロール完成

 最後に右のブレードでちょいとブレイスすると上がりやすいかも。終始下を向いておくことによって、上半身の回転を艇の回転にすることができるのだ。

 こうしてみると、水中で伏せてセットする代わりにもうロールが完成しているということがわかる。できるようになると、CtoCやスイープロールが面倒になる。沈撮したあと起き上がるのにも便利。まさに病みつきになるロール?

 それに、フィニッシュで上半身を後ろに反らさないので、スターンデッキが高いカヤックではスイープロールよりこっちの方が起きやすい場合もあるみたい。ひとつ確実なロールができたら、ぜひ挑戦してもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんと(^。^)y-。oO より:

    う~ん これって家で練習しやすい???
    もしかしても川でも???
    練習がしやすいってことはロール自体も・・・。
    ってなことはないから勘違いなんだろうな~(^^;

    あ~晴れてきた、今日は川に行くようにしとけば良かった(T^T)クゥー
    けんと(^。^)y-。oO

  2. quickturn より:

    陸上で練習するとき、スイープやCtoCはあられもない格好になりますもんね。
    こっちだったらうつぶせにねっころがってから始まって、フィニッシュもフツウに座ってる状態なのでイメージつかみやすいかもしれませんね。
    いまから南桑にくれば、一緒にロール練習しましょう~

  3. けんと(^。^)y-。oO より:

    あれま・・・あの後お誘いカキコがあるなんて~~~(^^;
    よく見てみれば良かった~(笑)
    いつも通り・・・うたた寝してました~(-_ゞ ゴシゴシ

    次は・・・5月27日だな~(^^;
    それまでにカヤック禁断症状が出たら、21日(笑)
    そのときはよろしくで~すσ(^^)

    そうこうしてる間に鮎が解禁に・・・。
    ロールどころか、もっと避ける技術を磨けって言われそう(^^;
    けんと(^。^)y-。oO

  4. quickturn より:

    20日夜からキャンプっていうのもアリですよ。
    その方が翌日が楽ですしね~

  5. けんと(^。^)y-。oO より:

    めっちゃ誘惑される言葉・・・(^^;
    やっぱりテント関係1式必要だな~。

    ホントに本気で考えますよ~(笑)
    でもね・・・またメールかカキコします(^^;
    来週体調を見て、連絡しますからσ(^^)

    テントは和田さんにお願いしなくては・・・(^^;
    それより天気は???

    けんと(^。^)y-。oO

  6. quickturn より:

    21日は「ご予約あり」になってましたね~

  7. けんと(^。^)y-。oO より:

    ホントですね~。
    まだわたしじゃ~ないですよ(笑)

    わたしは天気見てましたから、土曜日まであまり良くないみたい(^^;
    天気が良い日に漕がなかったら、精神的に良くないみたい(笑)

    鮎は解禁が近いし、梅雨もそのうち・・・。
    あっという間に楽しめる期間がお休みに(^^;

    けんと(^。^)y-。oO

  8. quickturn より:

    雨が降っても漕げばよいのです!

  9. けんと(^。^)y-。oO より:

    は~い(^^;
    何か力が入ってません(笑)
    もしかして・・・quickturnさんもかなり強力な禁断症状が・・・(爆)

    けんと(^。^)y-。oO

  10. quickturn より:

    ん?
    フツ~ですが!!?

  11. ROCKET より:

    初めましてROCKETです初心者です。
    すごく理解し易くて感動しました
    q式スイープロールの解説はすばらしかったです。自分で思考錯誤しながらやっていたのにすでに答えが理論的にしかも図まで付けてあるではないですか是非カートホイールその他のトリックの解説もお願いします。
    質問ですがリバーススイープの要の横に出ている足を体の下に持ってくるところがヒップスナップをする感じなのか?艇を水中に引き込む感じなのか?判りませんでした
    後セットから90度ひねりは艇が回転しますがやり方が悪いのか艇を回転させる感じでいいのか?解説を申し訳ありませんがお願いします。

  12. quickturn. より:

    ROCKETさん初めまして。
    何か参考になってお役に立てたなら、書いた甲斐があるってものです。
    ありがとうございます。

    >カートホイールその他のトリック
    これは・・・ :swirl:
    僕は(名実ともに)頭でっかちなんで、頭ではいろいろ考えますが大してできもしないのです・・・。一応実際にできるようになってから書くようにしてますので、それまであまり期待しないで待ってて下さい :face_pinch:

    >横に出ている足を体の下に持ってくるところが
    あくまで僕のイメージだけで言うと(つまり正解とは限らないのですが)、金魚すくいと同じだと思います(???)。
    カヤック(=下半身)を金魚すくいのポイ、上半身を金魚と思って頂いて、うまく下半身ポイで上半身金魚をすくい取るといいのではないかと・・・。
    上手にすくわれる金魚の身になって考えると、いいような気がします。チョット自信がありません :face_nothing:

    >90度ひねりは艇が回転
    上半身と下半身のどちらかが固定されていればいいのですが、固定されていないので抵抗が少ない方が回転するわけです。相対運動なのでそれはそういうもんだと思います。シーカヤックだと艇が回転する方が大変なのですが・・・。

    とりあえず最初は気にせず、完成させることを目標として、うまくできあがったら次に艇を回転させないように、つまり体の抵抗・ブレードの抵抗を少なくするようにしていったらどうかと思います。逆に体の位置は変わらず艇だけを回転させるとかやってみると、いろんなことが見えてくると思いますよ。そしてこれは、のちのちスターンスクリューとかのワザにもつながってくるはずです。

    スカリングブレイスをしながら見上げた空が回転するには?とか考えると面白くて夜もぐっすり眠れると思います(?)

  13. quickturn. より:

    くれぐれも、肩を壊さないようにひじをしっかり曲げて頑張って下さい!

  14. ROCKET より:

    解説ありがとうございました。とても参考になりました。
    昨日練習してバテバテでところどころ筋肉痛ですがすぐ試してみたくなりましたヒップスナップだと逆の動きになりますよね?早く金魚すくいしたいです。ポイが破けないように・・・ヒップスナップだと起き上がる時もありますが体に負担が・・・(筋肉痛です)あと体がどうしてもスプレースカートにつきませんでした何か出来そうな気がします。ぼくも頭でっかちなのでまたどんどん質問していきます(笑)

  15. quickturn. より:

    >ヒップスナップだと逆の動き
    すみません、イメージがわきませんが・・・
    もし逆だとしたら、その逆の方向にヒップスナップをしてみてはいかがでしょうか!?

    >ヒップスナップだと起き上がる時もありますが体に負担が・・・
    胸が空を向き始めているのかもしれませんね??
    それはそれでアリみたいなんですけど・・・

    >あと体がどうしてもスプレースカートにつきませんでした
    そこはイメージだけでいいと思います!
    僕もつきません :swirl:

  16. ROCKET より:

    しつこくまた疑問が・・・ブレードはセットした時パワーフェイスを向いてなくていいのですね!?
    ヒップスナップと逆は左起きの時右膝を蹴り上げた感じでした。
    でも無理やり上げた感じなので筋肉痛に・・・

  17. quickturn. より:

    >ブレードは
    パワーフェイスが鉛直方向か若干前、つまりスカリングの後ろから前に動かすのと同じくらいだと思います!

    >左起きの時右膝を蹴り上げた感じ
    左起きとはここで書いてある図とは逆向きですか??
    この図の方向だと、右膝を胸の方に持ってくる感じ=右膝を蹴り上げた感じ、になるかもしれません!?違ったらごめんなさい・・・

  18. ROCKET より:

    この図の方向です。
    すごく勉強になりましたまずは体感してみようと思います。もうひとつ質問が・・・本当にコレを最後にします(今日のところは)(笑)スカーリングロールで沈してロールのセットしてから始めるところはパドルを90度開いてからスカーリングを始めればいいのでしょうか?
    ながながとご回答ありがとうございます。
    これからも楽しみに拝見・質問させて頂きます。

  19. quickturn. より:

    >この図の方向です。
    そうですか・・・。
    いやぁ、僕は右手で右から上がってくるのでこういうのを右起きと言ってました・・・違うのかな??

    >パドルを90度
    0度でも180度でもいいと思います。
    どうせどこもスカリングの中間点でしかありませんので・・・。
    ちなみに、スカーリングじゃなくてスカリングと言うそうです!

  20. ROCKET より:

    お久しぶりです :cat02:
    やっと出来る様になりました :cancer:
    ただいまダブルポンプが出来ませんバウステも :swirl:
    アドバイスお願いします。 :face_csweat02:

  21. quickturn. より:

    おめでとうございます!
    ダブルポンプはバックスイープとサイドリーンとピッチング!
    バウステは岩練習!
    です!と思います!のような気がします!かもしれません!違ったりして!

  22. 森永キャラメル より:

    >>ROCKET さん
    おめでとーさん(^_^)v

    当方、フォワードストロークによりバウ刺しを試みているのですが今だ四苦八苦していまース(~_~;)
    次回はシートをもう少し前に移動させ体重移動しやすくしてやろうと目論んでいまーす。 :face_think:

    >>quickturn.さま
    次回からは新イラストになるのでしょうね!・・・楽しみにしていま~す :smile:

  23. quickturn. より:

    >次回からは新イラスト
    あ、いや、次回からというより「今回は」というか
    毎回というか・・・。使い回しが効きません :swirl:

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。