• このエントリーをはてなブックマークに追加

11/8 錦川 南桑練習編

 11/8は、関西修行でパワーアップして帰ってきたクルーガーさんと南桑練習。もうめっちゃ刺さってます!いや~すごいなぁ~


 前日入りした南桑の朝。急に冷え込んで、寒い朝。寝袋から出られず?気づくともう10時過ぎ。クルーガーさんはもう着替えてらっしゃった。

 関西から帰ってきたクルーガーさんに関西紀行のお話を伺った。とても充実した関西修行だったそうな・・・。そこでは山口にもうまい人がいると評判らしい。こういう穏やかな川から出られない僕はなかなかそういう人たちに会わないから、どこでどういう人がいるのか全然知らないけれど、きっとあちこちのスポットを求めてすごいプレイをしているんだろうなぁ~。

 フリースタイルの基本をみっちり習得して帰ってこられたクルーガーさんは、ボリュームのあるRXで練習したあとちょっと借りたスターでサクッと刺してしまったらしい!というわけで、折角のその感覚を維持して頂こうと、現在注文中の艇に近い(いくらかね)ポケロケに乗ってもらうことにして、僕は久しぶりにZGを持ってきた。僕も今までオーバーウェイト気味の船でインチキしてたから、ちょっとボリュームのある船で練習しないといけないと思っていたのでちょうどいい。

 以前ちょっとZGを持ってきたときは、体がなまっていたのかちっとも刺せなくなってしまっていたけれど、今回はほどほどできたのでよかった。でもついついこのボリュームに言い訳をしてしまいたくなる。

 クルーガーさんは刺し練習をメインに。初っ端から刺さってます!僕も苦手な右刺しを練習。クルーガーさんの動きを見て、「こうしたらいいんじゃないですかね~」と話したあと、僕もそれを気をつけて右刺し。おぉなるほど、と。昔から「人の刺し見て我が刺し直せ」って言いますもんねぇ~。で、自分の左と右を見比べて右でなってないところに気づいたら「こうしたら刺さるっぽいですよ~」と話す。修正のキャッチボール。レベルアップのスパイラル。相乗効果。こういうのは一人じゃ難しい。

 クルーガーさんを見ていると、刺さらないときはバックスイープの手が伸びている。刺さるときは伸びてない。帰ってから「スターで刺した記念動画」を見なおしてもやっぱり伸びてない。僕も右はこれになる。そういえばけんとさんもこれでしたね。せっかく上半身で溜めた力を「やっぱり刺さないよっ」と手を伸ばして上半身を戻すことに使ってしまう。上半身で溜めた力を下半身つまりカヤックの動きに使うようにするとサクッと刺さる。人のを見るととても勉強になる。

 休憩したときにRX6.7を借りてみた。モンベルのWebカタログでは170リットルになってるけど、dagger.comで見ると196.8リットル/52ガロン。170リットルってことはないんじゃないかと思うこのボリューム。前借りてやったときは全然刺さらなかった気がするけど、プラウィングエンダーもダブルポンプからのバウステもできた。僕もちっとは進化しているようだ。刺し始めてから刺さるまでがスローモーション。バウが沈んでいくまでの時間が長く感じる。そしてバウステ中のふわふわ感が強烈。でもバウが長いせいか安定はするみたい。ふらふらしてたけど・・・。

 何度も何度も刺して刺して、5時まできっちり漕いだ。まぁ始めるのが遅かったけど・・・。

 南桑で金太郎さんと待ち合わせ、3人でキッチンぱどるへ行った。錦町の駅前はなんだか騒がしい。何でもこの日は錦町の「亥の子」のお祭りがあるそうな。

 小さなお神輿と、なにやら棒で地面を叩き歌う少年少女たち。お店を回って商売繁盛を祈願するのだそうな。こういう文化が残る錦町ってすばらしい。


 久しぶりにここでお酒を頂いた!そういえば全部写真撮ってないけどコースでいろいろ出して頂いた。きくいもや間引き大根の葉や銀杏に何とかかんとか・・・。地元のめずらしい食材からメジャーだけど一味違うものまでいろいろ頂いた。お酒も珍しいビールにポートワインと金雀。うまかった~

 クルーガーさんは他にお客さんがいなかったのをいいことにパソコンでDVD。"KAYAKING Strokes & Concepts with Jacksons"、これ初めて拝見しましたけど、前の"Kayaking with EJ"の焼き直しで項目はほぼ同じなのに長さが2倍以上!前のを持っている人も前回さらっと流されてしまったところが充実していたり、途中に挟まるTipsが目からうろこだったり(あの2艇積みスゲェ)するのでぜひ手に入れたいところ。これは新しいバイブルですね。ここで出てくるストロークを全部マスターしちゃいましょう。

 南桑に戻ってからも、宴の続き。もうダウンジャケットが必要だった。錦町の霧の夜に現れるという落武者や南桑に現れる金太郎さんの話で盛り上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です