• このエントリーをはてなブックマークに追加

6/7 備讃瀬戸 沈からバランス編

 6/7は、今年初のシーカヤックということで、スクーリングに参加。シーカヤックはおよそ半年ぶり。ロールできるか心配だったけど、なんとかできた!?


 半年ぶりに解いたカバー・・・っと、カバーを留めていたベルトが裂けた!

 これはダイソーのスーツケース用ベルト・・・。さすがに紫外線に曝されてはこうもボロボロになるのか・・・。

 ちなみにホームセンターのワゴン特売で手に入れた別のベルトはなんともなし。うーん。

 やってきたのはチャペル海岸。随分ひさしぶり。でも前と変わらず準備が一番最後・・・。うーん。

 師匠と、今回三回目というNさんと、お馴染みtanakaさん、Oさん。みんなでいつものルートを辿って極楽島へ移動。短い距離だけど、潮流もあっちからこっちから流れていてころっころ艇がまわされる。まぁ回されても前と違ってすぐ戻せるのがうれしい。このヨロコビも久しぶり。

 いつもと違うのは、今回はアイキロスを持って来なかった事。ライトウッドパドルにもちぃとは慣れないと~ってことで。でもやっぱり、ベントシャフトじゃないと傷めた手首に違和感がある。ツーリングはまだだめかも。どちらも同じくらい軽いのに、ていうかCAB-Wの方が体に負担が少ないはずなのに、まっすぐなシャフトはまだだめみたい。うーん。

 でもロールするときは、平パドルよりウッドパドルの方が楽。平パドルだとブレードの向きに気をつけないと水中で引っかかるので、それをあまり考えなくてもいいという点で有利みたい。

 島についてからは、オトナのオモチャタイム♪tanakaさんのネイチャーストーブで大盛り上がり。たったひとつのアイテムでこんだけ楽しめるなんて、いいオトナたち。

 一個持っておくといろいろ使えそう♪燃料切れなし♪|||ストン||買っても使わないんだよね

 そんな合間を縫って?メンバー各々が各自の課題に取り組んだ。僕はまずは感覚を取り戻すためにカンタンなやつから。それから、昨年からの継続課題?の脱力ロール。沈してから、波を立てずにヌボーっと起きることができないものかと思って、沈←→バランスを行ったりきたり。

 沈して顔が水中にある時にカメラを水面の上に出して自分を撮ったのがこの写真。ハハハ。コワイ。ちなみに冒頭の写真は水中から空を見上げた写真。水中では空がそんな風に見えて、そして水面の壁を顔が突き破るとふつうの空が現れる、というわけ。

 昨年の終わりごろはパドルに指をかけてないと沈んでいたのに、なんか浮く!パドルからそっと手を離しても何か浮くっぽい。脂肪ボディフロートをパワーアップした成果が出てきたのかも!?

 というわけで、パドルをデッキに固定して「ハンド途中までロール」にチャレンジ。沈するときの回転の勢いを使わないように、沈した状態で安定するまで待った。完沈状態から顔を水面に向けて伸ばし、体の浮力を感じたところで艇をひょいと起こすと顔が水面に出てきた。そして沈むことなくバランスに持ってこれた。おぉ~。これは感動!わからんだろうなぁ。こんな何の役に立つのかわからんようなのがどこが楽しいんでしょうねぇ~。

 

 そしてそのBバランス状態から、右の手のひらを2回ひらひらやったらデッキに上がった!おぉ~。これはスゴイ。スゴイことだけど、まぁわからんわな。ふふふ。自己満足。

 他にも何かやった気がするけれど、何やったか忘れたや。午後からは、手のひら1回ひらりとやったらデッキに上がれた。ちなみに、この手のひらひらりを使わずにデッキに上がれたら完成の予定。波を立てずにね。って、そんなのできると思う??うーん、無理っぽい。

 シオンのおかげでいろいろ遊べるようになった。SPEEDOの水着を手に入れたら泳ぐのが早くなるような、そんな感じなんかな。HIKOのスリムグローブの浮力も馬鹿にできない。そうそう、HIKA・SHIBO社のインナーPFDの力も忘れてはイケナイ。道具の力を借りてできることが増える。でも道具の力を引き出すのは自分。このバランスが面白いんだろうなぁ~。

 そんなこんなで一日が終了。久しぶりだけど、少しレベルアップできたみたいでうれしかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 鈴木 より:

    「HIKA・SHIBO社のインナーPFD」は、見たくないけど、今度見せて下さい。因みに、僕のは「HARA・POKORIN社」のインナー使ってますが、性能良くないです。

  2. quickturn. より:

    >見たくないけど、今度見せて下さい。
    見たくないけど見てみたい、なんて揺れる乙女心ですネ :face_hearteye:

    >「HARA・POKORIN社」
    それも使ってみたいと思ったのですが、
    水連が許してくれないんです。残念です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です