• このエントリーをはてなブックマークに追加

にっぽん清流ワンダフル紀行

 時間がヘンなところになってリアルタイムで見なくなったBS2のにっぽん清流ワンダフル紀行、先週は日置川。

 読み方は「ひきがわ」だそうで。「ひきがわ」で一発変換。へぇー


 またまたモンベルのパドリングジャケットスティングレイハット。PFDはロータスデザインズのストレートジャケットですね?カヌーはこれまたCAMPER。大人気ですね。

 澄み渡ってとってもきれいな川。すっごくきれいな水に自然のままの崖。とってもきもちよさそう。雰囲気は高津川の中流域の道路から離れたところみたいな感じかな?いつだったか、錦川の浅い瀬を流されていると川底の石がゆらめいてマーブル模様のように見えたことがありました。あの景色がいつまで経っても忘れられません。透き通っているだけじゃダメ、深すぎてもダメ、水面がゆらめいてないとダメ、石にコケがついていてもダメ。条件が揃わないと、あの風景にはなりません。うまく説明できないけど、なんでもないザラ瀬のあの時の美しさには、まだ一度しか出会えていません。そんなのをちょっぴり思い出しました。

 日置川って熊野古道の入り口なのですね。世界遺産になったことで、日置川の渡しが復活したそうです。採算が取れるかどうかだけで廃止されていく市民の足もあれば、世界遺産の名の下に市民が復活させる伝統の足もある、と。世界遺産という冠がなくても、現存する自然を後世に残せるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。