• このエントリーをはてなブックマークに追加

住民が一丸、女性を救助 錦川

中国新聞地域ニュース '06/8/18

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200608180048.html

 岩国市美川町南桑地区の錦川で十七日、おぼれていた廿日市市内の無職女性(31)を、住民が見事な連携プレーで救助した。女性は救急車で市内の病院に運ばれたが、けがはなく自宅に戻った。

 このときちょうど私達もここの河原にいたのですが、ちょっと上流に行ったときだったので救急車などが入ってきて「何があったんだろう?」という程度にしかわかりませんでした。


 ちょうどこの記事の写真で少年が指さしているところあたりで初心者講習をして、漕いで上流へ上がったところでした。パトカー2台、消防の赤い車、救急車、警察の?ワゴンとたくさん河原に下りてきて一時騒然でした。

 聞いたところによると、竹につかまっていたら竹が流れたとか、郵便配達の方がすぐそこの自動車修理工場に行ってタイヤチューブを出してもらったとかいうことでした。

 たまたま川を見ていて、たまたま溺れているのを見つけ、たまたまそこにいた孫達に救助に向かわせたり、そしてたまたまそこにいた郵便配達の方がたまたまそこにあった自動車修理工場へタイヤチューブをもらいにいったり、なんか偶然もあったんでしょうけど、助けられるべくして助けられたっていう感じですね。タイヤチューブ!って思いつくことにも感動しました。私ならそういう機転はまわらないだろうな。

 ていうかカヤックが14艇も浮いていたのに何してるんだって感じ?たまたま上流にいたから仕方ないけど・・・。騒然としていたので、当初橋の下を予定していた和田さんのランチも河原の上流の方で頂くことになりました。

 人工呼吸をできる主婦、カッコイイです。災害などあって、そういう意識が高まっているんでしょうか。いや、元からできる方だったらすみません。

 この記事に出てくる高野橋って、新南桑橋のことなんでしょうか。正式名称高野橋っていうんでしょうかね。今度見ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. しぇりい より:

    この出来事の話は、姉から聞きました。
    みんないなかったのかな~、と思っていたけど
    いろんな偶然の重なった出来事だったのですね。

    あの橋の名前は確か高野橋です。
    去年BBQするときに、みんなに地図を作ったんだけど
    橋の名前はそんな名前だったことを思い出しました。

  2. quickturn. より:

    カップルが浮き輪で浮いてたから彼らが溺れたんじゃないかとか適当なこと言ってました。
    そしたら新南桑橋っていうのはどっから来た名前なんだろう・・・??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です