• このエントリーをはてなブックマークに追加

台風接近控え周南のダム事前放流

中国新聞地域ニュース '06/8/19

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200608190105.html

 山口県は十八日、台風10号の接近に伴い、錦川上流に位置する菅野ダム(周南市)の貯水量を下げる事前放流を実施した。昨年九月の台風14号の洪水被害を教訓に、初めて放流した。

 流域の放送では、午前7時半から放流開始というアナウンスでした。朝8時頃南桑にパトロールの車がまわり、そして南桑では午後9時過ぎにサイレンを鳴らしていました。


 昨年の災害で散々に言われたダムですが、利水だけじゃなく治水も謳い文句にしている以上、効果を最大限に発揮するように最も効率的な方法で実施していく必要があるでしょう。今回はそんなに影響がなかったけれど、もしこれだけじゃダメだったらもっといい方法を模索して実施要綱を改善していけばいいし、そういうフィードバックを今後も続けてもらえたらいいと思います。

 それよりもあの災害で住民を苦しめたヘドロをなんとかしてもらいたいものですが・・・。上澄みだけ放流できんもんなんでしょうかね。最大放流のときにここぞとばかりにヘドロを流さんでも・・・。重いしねばっこいしくさいし、床下から取るの苦労するんですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です