• このエントリーをはてなブックマークに追加

8/6 錦川お気軽カヌー体験教室

 夏休みの恒例行事、錦川でお気軽カヌー体験教室に参加してきました。パート2!


 前日のカヌー教室のあと、なんだか熱っぽい。こりゃヤバイなぁと思いつつ、買出しに行って帰ってくると、混み混みを予想していた橋の下に誰もいない。なので、定位置の橋の下にテーブルを広げた。

 とりあえずビールを飲むが、なんだかやっぱり熱っぽい。だるい。こりゃヤバイなぁと思いつつ、横になろうと思って何を思ったかコンパクトキャンプベッドを組み立てた。テントの方が早いのに・・・。

 横になっているといつしか寝ていた・・・。で、アルミテーブルの上でブルブルと激しく音をたてるケータイに目が覚めた。すると、けんとさんがそこにいた。どうやら暗い橋の下で低いキャンプベッドで寝ていたので気付かず電話したようだった。後から聞いたところ、この爆睡中に和田さんがいらっしゃったようだった・・・。スミマセン。

 しかし目が覚めたあとは体調の悪さもなくなり、けんとさんとしばし歓談。しかし夜も遅く、睡眠・・・。けんとさんは念願叶って!?テントを張れてうれしそう。

 夜は寒かった。8月なのに寝苦しいどころか寒すぎてちょっと風邪っぽい。テントに入らずキャンプベッドで寝たのがまずかったのか。

グリーンカレー グリーンカレー

 朝から炊飯、某ママにもらったグリーンカレー。具も立派なのが入ってて、ウマイ。たくさん送ってくれてありがとうね。こうしておいしく頂いてます♪

青い空

 南桑の朝はいつも霧の中。だから、しばらく涼しい。きっとこのあたりの山の上から見たら雲海がきれいなのかも。しかし霧が晴れるとそこは灼熱の夏。アチィー!でも飛行機雲ができるってことは空は冷たいんだっけ?

澄んだ錦川

 今日もきれいな錦川。水深もそこそこあるのに底まできれいに見える。平瀬ダム完成までの残された時間、きれいな川はいまのうち。しっかり、記憶に残しておきたい。

 準備をしていると、先日の中高年のための錦川カヌー川下り体験教室に参加されたお客さんが、今度このカヌー教室に申し込んだとのことで下見にいらっしゃった。とても熱心な方。

カヌー教室

 午前のお客さんは三姉妹と一少年。ちっちゃい方の少年と妹さんは漕いだことがあるようで、すいすい漕いでいる。お姉ちゃん二人は最初は要領を得なかったようだけど、だんだんとコツを掴んできたようで。ヨカッタ。けんとさんもお手伝いしてくれて、安心してカヌー教室午前の部が終了~♪ありがとうございました。

 終わってけんとさんと練習をしていると、川沿いの国道を通るカヤック満載の車が!あの車は!!しかも手を振ってくれている!!Hさんに違いない。今日は錦川下りなんですね~。しばらくして南桑の川原に下りていらっしゃった。そのお方は私のことを練習熱心と言ってくださる全ての方に本当の練習熱心とはHさんのことを言うんですよと言ってまわりたいほど練習熱心な方。私なんて足元の砂つぶにも及びませんことよ。

 午後の部は若いパパママとそのお友達とお子さん?かな?少年はとっても元気で、今日初めてというのにすぐにうまくなって、一人で上流の中洲へもさっさと漕いでいった。マスター2のスケッグを上げてあげて、これで漕げたら一人前!っていうとよーし!ってかなり前向き。誉めると伸びるタイプ。

 けんとさんは練習しつつお手伝いしてくれつつスカリングブレイス。昨日といい今日といい、スカリングブレイスが流行っているんでしょうか?そして隣でデイキャンプのファミリーのお子さんと戯れていた。このファミリー、よく南桑にいらっしゃっていて、去年も何度もいらっしゃっていた。きっとお気に入りのスポットなんだろう。

 午後の部終了後、その少年がやってきて、ビールなど頂いた。申し訳ないです。ありがとうございました。またお会いしましょう!

 カヌー教室撤収後もけんとさんと練習。プラウ法っていうんですかね、フォワードストロークの後にそのままバウを沈めていってバウストールに持っていくやつ、これをけんとさんが練習しはじめた。あのボリュームのある艇ですぐに30度くらい刺さるようになった。かなりやる気だ!!ウに点々のヴァーティカルムーヴの楽しさを知ってしまったのかも・・・。何度も何度もチャレンジして、沈してもすぐ起き上がる。もうロールはカンペキですね!

 私はやっぱりバウストールの練習と、あと左のシャフトロールの練習。どうしても左の動きがよくわからず、右のシャフトロールをしてイメージを作り、脳内で左右反転して左のシャフトロール、というのを繰り返した。何度も何度もやっていると、そのうちだんだん起きるようになってきて、最後には上がった!!でもまだ確実じゃない。右だったらナンボでも起き上がるのに。絶対にモノにしてみせる。そして今年中に左のハンドロールを実現しよう!

 今日はなんだかフィッティングが甘かった。体型が変わってきたのか、おケツがゆるゆる。沈したら膝が抜けてしまって、沈状態で座りなおさないといけないくらい。カヤックが下半身になりきれてなくて、カヤックに乗っているだけになってしまっている。膝のアタリも悪くて痛くなった。どうにもよくない。しかしそれでも、スターンストールから沈して偽じゃないバックデッキロールがパシッと決まった。しかも無意識に。なんか上達してるっぽい?やった!

 練習も終えて着替えていると、和田さんが登場。沢登りからご帰還。いつものようにアイスクリームを頂いた。ウマイ。暑くて疲れたときにはこれがとんでもなくウマイ。そしてほどなくしてHさん達が下ってきた。「シューズ乾燥機は完成しましたか?」って。えーー!!何で知ってるんですか!!ちょっとの間だけだったけど、とっても刺激的なお話を聞いて、もっともっと練習する気になれた。まぁこうやって人から刺激をもらわないといけないようじゃダメなんだろうけど・・・。

 夏の一日を満喫して、帰路についた。なぜか30km漕いだのよりもきつい。片付けをしているときも何だかけだるい。足は筋肉痛。カヤックが全身運動だってことを実感した。この夏はもっと練習したいけど、去年のように腱鞘炎になるのが怖い。腱鞘炎になるのはヘンなところに力がかかっているから。そのコツさえ掴めば一気に道が開けると思うんだけど・・・どうかな。

 この2日間、お付き合い頂いたお三方、ありがとうございました。またビシビシ練習しましょう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんと(^。^)y-。oO より:

    お世話になりました~σ(^^)

    もうお盆休みにやりたいことができて大変です(^^;
    『止められません、刺すまでは…』を合言葉に来週またがんばりま~す(笑)
    そそ 初めて紫川でパドラーさんに会ったとき、あの艇で簡単に刺してました…。
    刺さりやすいですね~って言われたんだったのを思い出しました…。
    がんばりま~す!

    早出 行きま~すピョーン°゜°。。ヘ(;^^)ノ スタコラサッサ

  2. fusai より:

    ご飯が上手に炊けたようで :smile:

  3. quickturn. より:

    刺したら次は回りたくなります!
    『止められません、回るまでは・・・』

    回ったら次は・・・

  4. しぇりい より:

    ヴァーすごい!!
    あのカレーが辛くないなんて・・・。

  5. quickturn. より:

    ヴァーってなに :smile:
    キーマカレーの方が辛かったかなぁ??

    ちなみに50辛まであるカレー屋さんの48辛まで食ったことあります。

  6. しぇりい より:

    ウに点々。
    味覚障害確定だね :shock:
    私の料理が食べられる数少ない人でしょう。
    まあ、作ることがあるかどうかは別として。

  7. quickturn. より:

    ヴォォッやられたっ

    それは「食べて :cute:」のツンデレ的表現とみた :pikapika:
    楽しみにしとく~ :restrant:

  8. koinao より:

    結構辛いシリーズなんですね。
    全部試したあとで、一番辛くなかったカレーを教えてください。
    試してみたい!

  9. quickturn. より:

    でも俺は味覚障害らしいから・・・
    参考にならないかもね・・・

  10. より:

    こんばんは~。
    昨日は、お世話になりました。
    短い時間でしたが、久々にWさんやQさんとお話できて
    楽しかったです。
    僕は、練習熱心というより、ん~

             しつこい

    といった所ですか・・(苦笑
    今度、錦の上流部を下るときは、お供させて下さいね。
    できれば、大歩危とかも一緒に行きませんか?

  11. quickturn. より:

    ひゃ~
    やっぱり見てましたか・・・
    ぜひぜひ錦上流部行きましょう!
    宇佐川も根笠川も梅ノ木川も待ってます♪

    大歩危は、まだまだ早いかなと思いながらここまできてしまいました。ここで誘って頂けたのも何かの縁、私は行かねばなりません!!ぜひご一緒させてください!

    足手まといにならなければいいですが・・・

  12. より:

    はい、イヤラシイ目で見てました(笑
    宇佐川も、根笠川も、ブログを拝見させて頂く限り
    水がある時は、結構テクニカルで面白そうですよね。
    実は気になっていました。

    大歩危、是非ご一緒しましょう。
    小歩危は怪我の覚悟が要りますが、大歩危なら
    ロールができれば大丈夫ですよ。

    盆は、13日から大歩危・小歩危で川原乞食してますので
    一声いただければ、似非ガイドさせていただきますよ~。

  13. quickturn. より:

    私もこっそり拝見しようと思ったり思わなかったり(笑
    錦川の支流は私にとって最高に面白いですが、他の川を知らないので比較ができません・・・。

    ロールができれば大丈夫、そのお言葉を聞いて安心しました!
    大歩危やる気マンマンです。ぜひご一緒させて下さい!
    ただ、盆は南桑住まいが決定してます・・・

  14. より:

    うお、当方もバレバレ!!
    水が綺麗ですし、南桑住まいも良いですよね。
    大歩危ですが、月イチ位で遠征には行ってますので
    また声を掛けさせてください。
    W田さんもご一緒できれば嬉しいんですけどね~。

  15. quickturn. より:

    残念ながら社交辞令では終わりませんのでよろしくお願いします!!
    和Dさんはなかなかお忙しいですからね~
    これから毎日のように洗脳していきましょう♪

  16. しぇりい より:

    間違えてボケないように気をつけてあげてね♪

  17. quickturn. より:

    ボケたらツッコミいれてあげてね♪

  18. より:

    ははは、僕も社交辞令が通じないタイプです。
    是非、レッツ大歩危!!

  19. quickturn. より:

    よろしくお願いします!
    もう大歩危の調査・イメトレ開始しました!!

  20. より:

    こちらこそ、ヨロシクです。
    大歩危のポイントは、、水量によるのですが
    大まかに分けて、3箇所です。

    1.スタート地点の豊永の瀬
      スタートしてイキナリ最初の瀬ですが、ココが意外と
      侮れないです。
      人を連れて行ったときには、ここで様子を見て
      その日一日の感触を掴みます。
    2.三段の瀬
      左岸よりの本流を真っ直ぐに突っ込めば、
      ただのシュートです。
      右岸の流れのセンター寄りに横向きで突っ込むと
      捕まることがあります。
    3.国境の瀬
      ただの岩ゴロゴロの流れです。
      ですが、岩が多いので沈禁止です。

    まあ、どこも概ねスグにロールで起きれれば問題ないですよ。
    番外編として、三段より少し下流の、岩原のモンベル下
    という場所が、ヤバ目のドロップになる事があります。
    センターに大きな岩があるのですが、これを避けて行けば
    なんて事はないですよ。

  21. quickturn. より:

    その瀬の名前、よく出てきますね・・・
    その「問題ない」「なんて事はない」がどのレベルの人にとってなんて事はないのかまだ判断できませんが・・・

    そうなんです。私はあまり多くの人と漕いだ事がないし多くの川を漕いだことがないので客観的にどんなレベルかっていうのがよくわからないんですよね。行って玉砕して思い知るしかありませんね。

  22. より:

    そうですねー。 
    どの瀬も共通なのですが、何も考えずに
    真っ直ぐに突っ切って、ひたすら漕げば
    大体何もなく終る感じですよ。
    本当に、ロールが出来れば問題ないです。
    ただ、人のサポートをしたり、自分自身の練習として
    エディーを取りながら下ると、少し難易度が上がります。
    少ない時でも水量と勢いがあるので、エディーを取るときは
    確実に取らないと、逆に危なくなることも有ります。
    一緒に下るときは、主要な瀬では解説込みで
    一旦降りて見学しますので、大丈夫ですよ。
    ご安心下さい。

  23. quickturn. より:

    おぉっ
    なんと心強いオコトバ!
    できる限りたっぷり準備して臨みます!

  24. quickturn. より:

    ヴワァッ
    今気づいた :idea:

    >間違えてボケないように気をつけてあげてね♪

    歩危とかけてたんだ :pikapika:

  25. しぇりい より:

    やっと職場でPC見れた!
    コメント返すのも遅いですが・・・。
    気付くの遅いよ!
    親父ギャグ磨いてね♪

  26. quickturn. より:

    はい!
    しぇりい師匠のようにオヤジギャグをマスターします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です