• このエントリーをはてなブックマークに追加

6/3 田布施~光

ルート

漕いだ距離15.5km、平均時速6.0km/h。
2時間半ほどの短時間だけど課題がいっぱい詰まった初シーカヤックとなりました。

島田川カヌー教室から一路田布施へ。
いつも馬島に行くときに出航する浜。
「のんびらんどうましま」へ行く船が出る港の横の浜。
牛島の方を見てみると、ぼんやり霞んでいる。
高速道路から見た宮島もかなり霞んで見えた。
ここも同じだ。

ラーメン用のお湯を沸かす間に艇を下ろした。
6月になったので衣替え。
ドライトップは止めて、ロータスのラッシュガード一枚とirの短パン。

今回はシーカヤックにGPSを装着。
一体どれだけのスピードで漕げるんだろう??
スピードメーターとして使ってみよう。

時既に13:30。
ぶっとばして行かないと、みんなと島で合流できない。
しかしいざ漕ぎ出してみると向い風。

もともとの予定は馬島~佐合島~牛島~大水無瀬のつもりだったけど、もう時間がない。
沿岸を最短距離で大水無瀬へ向かうこととして、まずは梶取岬へ向けて走らせる。
そこまでは余裕の漕ぎ。

梶取岬ではそこそこ波立っていた。岬を回ったら、もろに西風を受けて漕ぎにくい。
しかし風に躊躇しているヒマもなく、遠くに霞んで見える島影を目指して漕いだ。
あれが笠戸島かな?
ということは目的地はその手前にあるはずだ。
しかし遠いなぁ。

と漕ぎ進むにつれ島の全容が見えてきた。
笠戸などではなく、それが象鼻ヶ岬だった。
ひえぇぇ

小さな岬から室積湾をショートカットして象鼻ヶ岬へ横断。
岬について、ちょうど全工程の半分。
そこでやっと休憩一服。
もう14時50分頃。
みんなが帰るまでに間に合うのだろうか??
だんだん心配になってきた。

象鼻ヶ岬
象鼻ヶ岬の南側は柱状節理が美しい断崖絶壁になっていた。
今回のコースで見所はここだけ。
しかしこのあたりの海域は自然のゴミ溜めになっていて、海面に無数のゴミが浮いていて幻滅する。

遠くに室積海岸が見えるようになったところで、大水無瀬と思しき島影を見つけた。
これまた霞みの向こう。
その3kmをウサギの飛ぶ荒れた波を乗り越えて行かなければならない。
向い風ではあるものの、あの荒れたマラソンと比べれば大したことはない。

しかしそこからの3kmは長かった。
漕いでも漕いでも島影が近くならない気がした。

GPSの速度を見ると6km/h以上出ている。
ということは間違いなく進んでいるということがわかった。
ただただ淡々と漕いだ。
波はバウがはねる程度。

遠くに見えたカヤック
フォワードストロークとはなんぞや、人生とはなんぞや、などくだらんことを考えてたような気がする。
島の全容が見えた頃、海面上で上下する8つのモノが見えた。
紛れもない、パドルのブレード。

4艇のカヤックがいる。

そこから先は風裏になり漕ぎやすくなった。
7~8km/h程度で漕げた。
そして象鼻ヶ岬を出て1時間、大水無瀬と小水無瀬の間でやっと追いついた。

ちょっと休憩しようと思って、小水無瀬へ上陸。
みんなはそのまま虹ヶ浜へ向けて漕いでいった。

小水無瀬島からルートを振り返る
小水無瀬から振り返ると、はるか遠く霞みの向こうに象鼻ヶ岬の影が見えた。
かなり遠くに見える・・・。

時間も時間、漕いで帰るのはあきらめて、和田さんに出発地点へ送ってもらった。
島田川から象鼻ヶ岬までの距離の長いこと・・・
車で走ってもこりゃ遠いわっていう感じの距離感。
よく漕いだもんだ。
象鼻ヶ岬からスタート地点までは海岸線の道路。
え?まだ?っていう感じの距離感。

和田さんに送ってもらったあとは、三丘温泉「東善寺やすらぎの里」へ。
19:00までの営業で到着が18:30だったけど、ざっと汗を流すのには十分。
じゅっぷんじゃないよ。じゅうぶんだよ。
18:50には営業終了予告の放送が流れるなど用意周到。
体重をはかると、朝はかったときより1kgも減っていた!!
うれしくなってビールを750ml買った!南桑で飲んだ!!
広くなった車内ベッドに横になるとすぐに眠くなったが・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. fusai より:

    お疲れ様でした。遅れそうなのに冷静な判断&パドリング、さすがですね。

    臨場感を感じつつ一気に拝読しました

  2. quickturn より:

    いやーオハズカシイ
    ダメダシする点はいっぱいあるんですけどね。

  3. ☆mojio6000☆ より:

    瀬戸内漕ぎたいよ~ :taraaa:

  4. quickturn より:

    漕ぎましょう~

  5. ☆mojio6000☆ より:

    そっちまで行けるのは,夏になってからかな。案内してね~。

  6. quickturn より:

    はーい
    それまでにいろいろ探しておかなくちゃ!!

  7. fusai より:

    帽子が良い感じ♪
    イイオトコも燃えています♪

    瀬戸内よいとこ、おいでおいで>☆mojio6000☆さん。

  8. quickturn より:

    おっ
    オメガ高い!
    ピンクのMさまに撮影して頂きました~
    やっと追いついて安堵の笑みです

  9. ☆mojio6000☆ より:

    瀬戸内漕ぎたいです~。

     カシミールで確認したけど,知らないところではかなり距離があるように感じますねえ。
     響灘で漕いでると,島がないから休憩なしになってしまうんだよね。のんびり島巡り,させてくださいませ。

  10. quickturn より:

    島巡りですか~
    どこかなぁ??
    馬島あたりかな??

  11. ☆mojio6000☆ より:

    海の色がきれいなとこ!
    7月くらいには出陣できるかな。
    熱いから距離は漕げないかも・・・
    キャンプツーリングにして,のんびり漕ぎましょうや。
    ガイドさん,よろしくです。

  12. quickturn より:

    暑いときはひっくり返りましょう~
    色がきれいとな。
    これまた難しいことを・・・

  13. ☆mojio6000☆ より:

    山旅倶楽部って,カシミールの標準のものとか無料プラグインとずいぶん違う?

  14. quickturn より:

    標準のってありましたっけ?
    本についてるやつですか?
    本を持ってないのでよくわかりませんが・・・
    ちょっとしらべてみたら、本のは1:50,000、山旅は1:25,000という違いがあるようですが、実際どの程度違うんでしょうね。

  15. ☆mojio6000☆ より:

    そうかそうか,僕のは本の地図を使ってるんだった。
    本のも1:25,000があると思うよ。
    あんまり違いを感じなかったから,これでいいのかな。

  16. quickturn より:

    そうですか?
    ここを見ると1:50,000までみたいに書いてあるんですが・・・
    まぁ不自由なければ問題ないと思います~
    山旅は毎年オカネいりますしね。

  17. ☆mojio6000☆ より:

    ほんとだ。1:50,000だった。
    でも,ネットで国土地理院の1:25,000が使えるから不便に感じなかったんだ。毎年お金がいるのはけっこうな出費だねえ。でも,それに見合うものみたいだからいいね。

  18. quickturn より:

    山旅の方が読み込みが早いですからね~
    有料サービスなだけあります。

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。