• このエントリーをはてなブックマークに追加

アユから国内初の病原菌 農水省、都道府県に注意

東京新聞:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008021501000722.html
 農林水産省は15日、東京や広島、山口の川で昨年、大量死するなどして見つかったアユから、国内では初確認となる魚の病原菌「エドワジエラ・イクタルリ」を検出したと発表。発生状況の調査や放流用の稚アユの検査などを求める注意喚起文書を、全国の都道府県に出した。

 錦川でも鮎が1400匹もお亡くなりになったそうで。人には関係ないそうなので安心して漕げばいいのです。惑わされてはいけません。

 1400匹って、全漁獲量のどのくらいの割合なんだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です