• このエントリーをはてなブックマークに追加

備讃瀬戸 小さい秋編

備讃瀬戸カヤック

 久しぶりに備讃瀬戸を漕いだら、小さい秋を見つけることができた。


 生まれ変わったシオンを受け取りに、珍しく当日出発で出かけた朝。初めてダウンジャケットを取り出し、暗い中を出発。途中で朝日を拝んだ。

 メンバーは、来るたびに殆ど毎回お会いするおなじみTさんKさんと当然毎回お会いする師匠と私の4人。でも前回でシーズンラスト漕ぎだったそうで、この日はオプション?だったそうな。

ブランニューシオン

 海はまだ川に比べて暖かで、手を海水に浸けててもしびれることはない。グローブなしで島々をぐるっと回って、風速5mほどの向かい風と潮流を楽しんでたどり着いた島。赤が美しい紅葉をバックに生まれ変わったシオンをパチっと。ていうかデジカメなんで音しないけど。

ブランニューシオン

 ちょっとローアングルで撮ってみたりして。

 焚き火にあたりながらランチをとって、でも予報に反してあいにくの天気。時折雨がぱらつき突風が火を煽る。しかし時折差す日が暖かかった。

虹

 虹が出たのは2時・・・じゃなくて1時20分ごろ。Kさんと虹。

 Tさんのほやほや新艇ラサXをお借りして漕いだ。浮かんだ。ひっくり返った。川ほど冷たくもないけど、海水は目が覚める冷たさ。ただ、水質がいいので気持ちいい。

 目をつぶり、最近(個人的に)流行りの沈状態と正状態の境目をなくす旅に出る。シオンよりラサの方が境目が少ない感じがする。これは艇幅が細い方が優位だと思ってたんだけどなぁ。ラサの方が上みたい。

浮きの秋

 小さい秋が大きい浮きに。

沖の秋

 こんなところでも紅葉してた。二代杉を思い出した。違うか。

秋の日は鶴瓶落とし

 夕暮れは早い。帰りついたら既に薄暗く、着替えている間に真っ暗。でも6時前だし!

 今年はもうこの地へ来ないだろうと思い、「よいお年を」などとお別れの言葉。ご馳走になってスミマセン。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 蘇化子 より:

    お疲れさまでした。なんとなく気になっていたことが、これでやっとすっきりしました。パドルの方はあまりすっきりしないデキではありましたが・・・。来年もまた宜しくです!

    >これは艇幅が細い方が優位だと思ってたんだけどなぁ。>ラサの方が上みたい。
    狭い広いの範囲の問題もありますが、まだリアデッキの高さなども深く影響してきますが、このあたりの微妙なサイズと技術習得とのオモロイ関係が、一般的にもプロ的にも、あまりまだ理解されていないのでは・・・としばしば思わせられることがあります。しかしそのあたりのことを良く知って設計されていると、艇の形状から推測できる外国のウッドカヤックメーカー(名前は忘れたけれども)は、あるようです。

    冬はチャンス作って一緒に白い山で・・・・。

  2. quickturn. より:

    その節はいろいろとありがとうございました。

    >オモロイ関係
    多分多くの人はそこをオモロイと思わないんでしょうねぇ~
    まるで別の遊びのような気がしてきました。

    >冬は
    ぜひ一度は皆さんと・・・と思ってますが・・・

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。