• このエントリーをはてなブックマークに追加

7/28~29 備讃瀬戸 ショートツーリング&キャンプ

巨大船

 7/28~29は、ショートツーリング&練習に参加してきました。巨大船が行き交う備讃諸島で潮流を楽しみ、航路横断の経験値アップして、カヤックも人生もエキスパートな方々のおもしろいお話を聞いて、たっぷり刺激を受けた充実の二日間でした。


いざ出航

 カヤックにキャンプ道具を積み込んで、いざ出発。目指すは直島一周!初めてのルートはいつもわくわくします。ていうか初めてじゃなくてもわくわくするんですけどね。

振り返るとヤツがいる

 海へは一人で出かけることが多いので、横を向くとたくさんのカヤックが並んでるっていうこの景色はなかなかうれしいものですね。これからいくルートをチェックしているのでしょうか?

船がたくさん

 光る風~走る波ぃ~♪横はフェリーや貨物船が大量に行き交う航路になっていて、一日150便くらいあるそうな。今回はそこは横断しませんが、それでもいくつかの支線航路を横断するルート。船が通り過ぎるのを待ちました。

潮流波

 潮流によって波がざわざわ。そういうのを見るととりあえず突っ込みたくなるのが佐賀の人間ってもんです。いや人間の性ってもんです。でも満月の大潮の昼なので、きっと新月の大潮の昼ならもっと激しい波になってるんでしょうね~。

 波に乗って進んで、波が収まったらじっとしていると後ろへ流されてまた波に乗れます。オートサーフィン~って感じでおもしろかったです。でも前へ進もうとすると、GPSで確認すると時速2kmくらい・・・。結構な速さで流れているようです。

見渡す限りカヤック

 いや~とにかく暑い日でした。海に体を浸しながらのんびりツーリング。

ヘソコブター

 なんか変わったヘソコブターが飛んでいました。着水するのかと思ったらしないし。その後、浜に上がってランチ休憩。観光客の多い島でした。

海のエディライン

 海にもストリームがあって、エディがあって、エディラインがあるのです。ぴしゃっと差がついとる。

 そこからは鬼の西風を浴びながらの北上で、いくら風見鶏になりにくいカヤックとはいえさすがにまわされました。

 極楽島へ帰ってくる頃には腹筋がピキピキ。体のひねりで漕げたのかなぁ?

寝床

 早速荷物を降ろし、すぐにタープを張りました。日差しが強くて食料がダメになりそうだったので・・・。夏の食料は気を使いますね。

 その後はまったりとした時間を過ごしつつ、前回うまくなかったハンドロールを練習しようと思って、シャフトロール・ハンドパドルロールからハンドロールをみっちり。誰も見てないところで?コッソリ練習しました。

 こんだけぐーたらまったりと水に浸かって遊んでるだけなのに、これが体育会系だって言う人がいるんだって。へぇ~。ロールなんかして楽しいの?っていう人は多分フリースタイルとか見たら同じところでくるくるして楽しいの?っていうんでしょうね。でも世間からはシーカヤックとかして楽しいの?なんて思われてるかもしれないのにね。

 とにかく暑くて水に浸かってないとやってられないのでしばらく遊んでました。濡れた体に風が吹くと気持ちいい~。

 しばらくして、夕食タイム。みんなで流木?のテーブルを囲んで酒を飲みました。この時間が楽しくてここにやってきていると言っても過言ではありません。私みたいな初心者がエキスパートな方々のいろんな話を聞ける機会ってそうそうあるもんでもありませんからね。

 今回初参加で関東からこられたSさんがいらっしゃるということで、順番に自己紹介タイム。これがなかなか終わらない・・・。一人が話し始めるとそれ自体が長いっていうのもあるし、ツッコミを入れたり話が発展していったりあらぬ方向へ行ったり。人がいない島なので大声でも大丈夫。とても素敵な時間がありました。

 私なりの考えをまとめると、1000回沈させられたらダメかもしれないけど、500回沈させられても生きて帰ってこれるように、20m/sの風が吹いたらダメかもしれないけど、15m/sの風が吹いても生きて帰ってこれるように、10mの波に襲われたらダメかもしれないけど5mくらいなら平気で帰ってこれるように、6knの潮流では流されちゃうかもしれないけど、3knくらいならちょっとずつ漕ぎ続けられるように、船が折れたらダメかもしれないけど、ラダーが壊れたくらいなら生きて帰ってこれるように、できるかどうかわからなくても、日々努力したいと思います。だって私が死ぬのは海じゃないもんね。寝坊だもんね。

 震度10の地震が来たらみんな崩れちゃうから耐震住宅なんていらないっていうんじゃなくて、せめて震度7までだったら崩れないようにできたらいいなぁと思いません?あわよくば震度8でもお茶をすすってられるくらいになれればもっといい。そのうち震度10でも気付かず寝坊したって言えるのが出てくるかもしれない。でも今諦めたら技術の進歩はそこで終わりなんです。

 以前めずらしくシーカヤッカーでお友達になった人が、スプレースカートなんていらないという方で、今度一緒に漕ぎに行きましょうって言われたんですけど、何度か電話もかっかってきたんですけど、どうしても気が乗らなくて不義理にしちゃいました。ロールできるようになりたいけどできないっていう人はいいんです。できる限りお手伝いします。でも、ロールなんていらないという人とはどう接していいのかよくわかりません。こんなだから友達少ないんですけどね。ハハハ。まぁ、それはそれでいっかぁ~。そんなことを考えた夜でした。

でかいっ

 翌朝、暑くて暑くて目が覚めました。タープの方向間違えた!夕方影になるけど朝は太陽の真正面だった!ちゃんと確認しましょうね。

 午前中は井島・石島を一周。漕ぎ始めて海峡を渡ろうとすると、なんか来ました!でっかいのが!!しかもめっちゃ速い!曳き波はどんだけ~?ってくらい小さい・・・。最新鋭の船ってそんなんなんでしょうね。曳き波で飛べるかなぁ~って思ったのに。

はやいっ

 こうやって船に向かっていっても、船が過ぎ去っていく方が早いんですから、めっちゃ速いです。航路横断も回数重ねてちょっとずつ慣れていきたいですね。

井島を振り返る

 なんかあまり写真を撮ってなかったな。井島をまわって振り返ると、そこそこの距離を漕いできてました。でも話しながらだったのであっという間。吹奏楽の甲子園は普門館です。

帰りも航路横断

 帰ってくるときも航路横断。曳き波を使ってサーフィンしながら帰ってきました。波を捉えるのに夢中になると集団から外れちゃうのでときどき周りを見渡しながら・・・。

 再び極楽島へ帰島。カンタンに昼食を摂ったあと、なんか暑くて水に浸かってました。練習も新たなことに挑戦することなく、よく言えば今までのやつの反復練習・・・。まぁでもらくらくになってきました。そうですよ。ロールの力が抜ければロールで体力を消耗することがなくなってくるはず。そしたら1000回ロールも夢じゃない?!右左しないと目がまわるな。

 先に帰られる方々。お疲れ様でした&ありがとうございました。水平線に向かって漕いで行く感じでなんかカッコイイですね。

 ひとしきり遊んだあとで、帰路へ。なんか雷がごろごろ言ってます。浜へ上がるころには突風も。ということは、雨が来ますね。着替えずに待っていたら、雨キタァー!ってことで雨を利用してカヤックを水洗い♪でも夕立にしちゃ長くて雷が非常にひどかったです。結構近くにも落ちたようですし。雨が止まないので、返って着替えるのがタイヘンで・・・。

 帰路に着くと、途中ひとつ信号が消えてました。落雷のせいでしょうね。他に車が来てなくてよかった。

 やっぱり暑かったからでしょうか、非常に疲れました。そんなに距離を漕いだわけでもないのに、そんなにガシガシ練習したわけでもないのに、なんかクタクタ。全身けだるくて、帰るときもちょっと危ない感じ。いつもより多めに休憩しました。

 そんなこんなでまたまた有意義な二日間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 山奥 より:

    シーカヤックもがんばってますねぇ、すごい!!
    がんばりやさんに脱帽です。

    ところで、ブログアップの時間が変ですよ?

    私は本日免許の更新で早退です。これから準備して球磨川へ行ってきま~す♪

  2. quickturn. より:

    >時間が変
    そこはツッコんではだめなところです。

    >球磨川へ
    どうぞお気をつけて!

  3. 蘇化子 より:

    ツアー&キャンプお疲れさまでした。現地で楽しませて頂き、あらためてまたこのブログで楽しませて頂き、1度で2回楽しませて頂きました。波とか風とかに対するカヤックの限界論はまさにその通りですね。読んでいて気分すっきりです。驚いたのは、「ヘリの写真」。いつの間に~って。また行きましょう。

  4. quickturn. より:

    その節はタイヘンお世話になりました。
    こちらこそたっぷり楽しませて頂き、夜の事故?紹介も
    たっぷり勉強させて頂きました。
    皆さんの興味深いお話は非常にタメになります。
    またお邪魔しま~す。

  5. fusai より:

    良き練習(レンスー?)されたようですね。
    あの週末は暑かったですねぇ
    水の中が気持ちよかったことでしょう。

    僕は出来れば生きて帰りたい、ロールキッチリしたいと思っています。そのためにも練習が大切です。
    何度も同じ型をやってマスターしたいと思います。
    「無事」の確率を上げたいです。

    おっと、ペンタの話題も。
    テントの影を作るのに良いのかな。
    この時期、日よけいりますよね。
    我が家のペンタもこの夏デビューさせたいのですがなかなか。
    とりあえず低めのロゴスコット注文したところです。
    組み立て大丈夫か~!?

  6. quickturn. より:

    >ロールキッチリ
    ロールをキッチリで「沈しないことが大事」って言うと
    説得力が出てくると思います :smile:
    クリティカルなところであっさり沈するボクが言っても
    説得力がないんですけどね。

    >低めのロゴスコット
    もしかしてコンパクトキャンプベットですか???
    ボクも持ってます・・・かぶりまくりですね。
    アレ組み立てるだけで汗が噴出します・・・。

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。