• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の川

36979d96.jpg

 美川町の「錦川で遊ぶっちゃ」~カヌー教室と水中散歩~のお手伝いということで、朝から南桑へ。

 到着したころには雨が降っていた。しかしほどなく止んだがなんとなく肌寒い感じ。川面にもやがかかっていた。

 この日の参加者は親子1組のみ。実際には、和田さんのツアーが天候不順で延期になったので和田さんが対応し、ただ川で練習するだけになった。

 それとは別に、カズくんとそのお友達が来ていて、今日は河原でキャンプをするのだそうだ。もう高校2年生。中学の時は野球部で、忙しくてカヤックができないからということでバドミントン部に入ったら、優れた身体能力が災い?してキャプテンになってしまった。そのため、殆ど川へ来られなくなっていた。

 というわけで、会うのは久しぶり。何をやってもあっという間にできてしまう彼。足が長すぎて愛艇サブ7はつま先が痛いという彼も、EZG50の足元のフォームを全部外したら余裕があるようでご満悦。静水でカートホィールもぐるんぐるん回るしバウストールもさっとやってしまうので、あぁ、この艇は本当はこんなに回れるんだよなぁ、と自分の技術のなさに落胆するのであった。

 夏なのになんだか薄ら寒くて、あまりカヤックに乗る気がしない。パドリングジャケットも持ってきておけばよかったのに。少々バウストールやカートホィールの練習をしては落胆をして、河原でのんびりする。

 昼過ぎに、地元の女の子が橋の上から複数形で呼ぶ声がする。この地区の小学生は川で泳ぐときは誰か保護者(監視員)がいないといけないらしい。というわけで、彼女らに任命されたわけだ。有難く拝命して、監視員を務める。

 その間、スローバッグを練習したりしてたら投げたロープにちっちがつかまりはじめた。勢いよく引くと泳ぐより速いスピードで水の上を滑ってくる。それが気に入ったらしく、10回くらい15mのスローロープを全力で引いた。疲れた。

 役目を終えたあと、六日市まで車を走らせる。なにせ、例のラックの設計をミスした。そのために足りない部品を買いに行くのだ。南桑から最も近いと思われるホームセンターまでおよそ30km。結構遠い。

 そうだった。忘れていた。ジュンテンドーはイレクターじゃなくてスペーシアだった。まぁ28mm径なので一緒だろうということで、色の近いものを購入。ついでに食料の買出し。

 南桑へ戻り、組み立て、車に接地。荷物を載せかえる。感動した。これだけもスッキリするものなのか!?写真を撮り忘れた。また次回。

 夜はカズくんたちが焚き火を囲んでいた。私はといえば、テントも張らずオールウェザーブランケットを広げて横になっていた。うとうとしていると、腕が蚊にやられまくった。むちゃくちゃかゆい。先週は平気だったのに、ちょっと雨が降ったせいだろうか。気が付くと和田さんも来ていた。そして、如何にすぐれたブランケットでそこらのブルーシートとどんなに違うのかと力説するのだった。

 翌日の朝が早いので、一通り片付けをしてブランケットに横になるも、なんだか蚊がやってきそうだったので、車の助手席を倒して後部座席とつなげ、そこで寝る。あのラックがなければ、こんなことはできなかったのだ。なんてすばらしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です