• このエントリーをはてなブックマークに追加

宇佐川

 山口アウトドアの宇佐川下りに参加。最近の雨でコケが全部流れ、危険水位が迫力水位に落ち着いたこの週末。最近宇佐川漕いでないもの。行くでしょ!漕ぐでしょ!!

 鮎解禁前ラスト週末。雨が多かったので週の半ばには増水していた宇佐川が、この週末になんとも素敵な水位になっていた。これはコケも流れて最高だろうということで、くろさんにお願いしてツアーを組んで頂いた。

 くろさんの計らいで、まだ漕いだことのない支流の上の方からスタート!車で入っていけないところへ、カヤックを背負ってとことこ歩いた。

 まぁ歩いていける範囲なんで大した奥ではないけれど、でもそこは最高のぷちクリーク!ルートを選び、連続して現れる落ち込みをクリアしていくこの感じ!楽し~

 そういう楽しいところは写真に撮れずお伝えできないのが残念。でもこの透明度はお伝えできるはず!

 ちょっとしたホール調のところでは寄ってたかってスピンをしかける。とりあえずバウを刺してみたりするのだけどだいたいどこも岩にヒットする。

 沈み岩のミニホールも順番に押さえて下っていく。いや~それがいっぱいあってなかなか進まない。胸まで浴びる大きな瀬もいくつもあって、なかなかの迫力。

 宇佐川色を撮った写真は何枚になっただろう。たくさんありすぎてHDDを圧迫していくのであった。

 あちこちで滝となって流れ込んでいた。普段は増水してもあっという間に引いていくのに、今回はゆるやかに減っていった。きっと大地がとても潤んでいるのだろう。

 普段は岩をよけよけ合間を縫って漕いでいく瀬も、迫力を味わいながらまっすぐドーンとイケる。この水位は宇佐川下流域しか漕いだことがないかも。この瀬でサーフィンしたりスピンをしかけたりしてしばらく遊んだ。

 谷間の宇佐川渓谷に入っていくと落ち込みがいくつも出てくる。

 早い流れの中で岩をかわして一気にドーン!

 わずかな瀞場で休憩して、さらに下流へ。ちょっと激しい・・・。この後の連続した瀬で途中エディをとったりして下ったところいきなり沈した。バックデッキロールのいける格好だったのでとりあえずしかけてみたもののちょっと慌てて「頭が早い」と思ったときには失敗してた。仕方がないので普通にロールしたら今度は反対側が岩壁に当たる感触があった。そのまま無理やりスカリングで維持したら、なんと今度はスターンが刺さってスカリングスターンスクォートになった。なんちゃそれ。で、しばらく耐えてスカリングを早くして起きたら今度は足がつった!

 「くろさん休憩~!」と叫んでちょっとの瀞場で上陸して休憩。ふぅ~。カエルがすいーっと泳いでいった。

 下の瀬もほぼ岩が隠れてて、少し避ける程度でストレートで下れた。

 このV字谷もここまで。いや~楽しかった!って行程はまだまだ続くのである。

 途中もいくつもいくつも瀬を越えたけどバサッとはしょってみた。

 もうちょっと岩の配置をどうにかしたら遊べそうなんだけどなぁ~という橋の下ミニミニホール。

 遊んでいる途中、ふとくろさんが上を見るとツバメの巣だらけ!ツバメの集合住宅!

 お昼はくろさんのアウトドアランチを独り占め。超大盛ロコモコ風ナントカ!

 ちょっと目を離してる隙に猿が荷物を漁っていた。このあたり、猿がふつうにいるのがすごい。もう珍しくない。民家の屋根にいたり川岸にいたり道路に降りてきてたり電線を渡ってたりする。

 午後の部はロングコースをとることにした。だいぶ下流になってきたせいかこれまた瀬が大きくて、ホールで遊ぶと吸い込まれてちょっと怖い。でも刺すと当たるところばかり。

 浅いときの岩よけ感はあまりないけどその代わりに迫力があった。

 通常水位のときの半日コースを1時間で下ってしまった。その分密度が濃い!

 下流の方では大きめのホールが出てくるようになってきたので都度乗ったりしてみるのだけど、結構暴れる瀬が多くていい練習になった。まだバックサーフィンになったときの対処の仕方がイマイチ。後ろに目がないといけない。

 途中の堰は、今回は水量多くて危険なので手前で艇を下りた。いつもは堰まで行ってから艇を下りるのだけど、そんなことすると止まれず堰に吸い込まれてしまう。増水時はいつもと違う注意がいる。

 どんどこ下っていって、これは道の駅のところ。ここも激しかったなぁ~っていうかこの後もずーっと激しかったんだけど!

 ナイアガラの滝。って小さいのを近接撮影してるだけ~

 激しく戦った宇佐川下りももう終盤。

 でも最後の出合のところの波がもっとも高かった気がする。流れ早いわ途中で大きな岩がたくさん鎮座するわで結構緊張した。いや~解禁前にいい川下りができました。くろさん、ありがとうございました!

 夜はキッチンぱどるへ。その途中も猿がいた。ちっち改め(?)ちっぷ画伯ファミリーと錦のいつもお会いするファミリーがいらっしゃってて、楽しく夕食を頂いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんとOo。.(^。^)y-~ より:

    やっぱり宇佐川は魅力的♪
    いつも見ても…何度見ても…漕ぎたくなる~~。
    今にしてみれば、ほとんどちゃんと漕げない頃から宇佐川に連れて行ってもらってたんだな~。
    また漕ぐもんね~来年か…その先か(^^;

    取り合えず外すと邪魔なので、いつもトナカイを装着して…博多の街を走り回ってます(笑)
    博多のKayakerの注目の的だったりして(爆)

  2. quickturn より:

    宇佐川は逃げませんからまた時計探しに来て下さ~い [目]
    ていうか早岐とか近くなったんだからヒマができたら行ってみてはどうですか?

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。