• このエントリーをはてなブックマークに追加

2/11 県民の森

 2/11は、県民の森へ。大雨の降る中人はいないと思ったら物好きが結構いた。


 ゲレンデに到着するまでずっと雨で、しかもストック忘れてることに気づいたし、もうどうしようか迷ったんだけどもしこの日滑らなかったら次営業してないかもしれない、とか思うとやっぱり来てしまう。

 こういう時のためにリアハッチが屋根になる車を選んだのだ。屋根の下でブーツを履いて防水ウェアに身を包み、強い雨の中、地面を覆い隠せなくなった雪を眺めながら板を担いで駐車場からゲレンデへ向かった。

 まぁ目を見張るというか目を疑うというか、土がかなり露出して、この雨でさらに溶け出していきそうな勢い。しかし結構な人が来てるんよねぇ。どういうことだろう。ゲレンデこんなに雪がないのに。

 雨のゲレンデでも防水ウェアを着ていれば大丈夫、ちょっと顔が濡れるだけ。とかいいつつも、以前は防水性バリヤーが云々のH2NOのパンツで生地からどんどん染みてきてびしょびしょになった。そんなことがあって以来そのウェアは天気のいいときにしか着ていないのだが、今回はマウンテンハードウェアのコンデュイットのパンツで雨テスト。

 なんとSさんを見かけた。この雨の中来てるなんて!!そしたらやっぱりいつ営業終わるかわからんからとおっしゃる・・・。

 雪は薄いがでこぼこしてなくて非常に滑りやすい。土がでまくっていて昔だったら狭くて怖くて滑れないところだが、もう避けることができる!スバラシイ!!

 急斜面は土が出てて滑れないのでこっちのみずならコースでショートターンの練習をした。急斜面練習でクロスオーバーが遅れ気味だと気づいたので怖がらずに早め早めのクロスオーバーを心がけてみた。またひとつ大人の階段を登った。

 昼にSさんと食堂体育館へ降りて行くと、なんとFさん夫妻までやってきていた。本当に物好きなんだから・・・。でも雨だったので到着してから車で寝ていたのだそうな。

 雨はまだまだ強かったのでしばらく様子見をして、それから4人であがった。

 みんなでギルランデ中心の練習をしつこくねちこくやった。これをやるといろんなところが一気に解決できる。もっともっとたくさんやりましょう。

 上空からは冷たい雨が振ってくるのに木の枝はどんどん凍る。リフトの柱やシートも凍るしストックも凍る。ウェアも凍る。でも降ってくるのは液体の雨。そして徐々に風が強くなってきた。

 なるほど。こりゃそうなるわけだ。しばらく休憩にして様子を見ることに。すると、雪に変わった。

 もうバチバチ降る雪になった。雨でみんな早々に帰っちゃってゲレンデには数人しかいないし。

 がらがらゲレンデで薄く積もった新雪を踏みながら、またこそ練習した。

 上のリフトが止まる頃には、剥げていた下のゲレンデも結構埋まった。

 久しぶりに車に積もった。

 行きは雨で濡れてるだけの路面がもうガチガチ。ずるずる滑りながら帰った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です