• このエントリーをはてなブックマークに追加

5/2 厳島

青海苔浦より

 5/2は、安芸の宮島で有名な厳島に行ってきました。疲れた~・・・。

 走行距離36.0km、およそ6時間のツーリングでした。


出艇

 今回は、西能美島からスタート。ずっと以前に調査したとき、出艇場所として「がんね海水浴場」がよさそうだったのですが、今回は出発が遅くなったので、閉門時間に間に合わなかったら大変なのでちょっと遠くから出発。自転車で通りかかったご婦人に車を停めてもいい場所か聞いて、よさそうだったのでその近くの浜を利用させてもらいました。

 先に船を下ろしてから着替えなど準備をしていたのですが、準備完了して浜に行くと、3人の悪ガキがオレのスコールを流してやがる!「ごるぁー!」と叫んで叱るもさすが悪ガキらしく言い訳しながら逃げていきました。微笑ましくもありますがコクピットやハッチに砂や石を入れやがって出すのがタイヘン。この世の中で一番怖いのはやっぱり人間ですね。

がんね海水浴場

 右手にがんね海水浴場を見ながら進みます。

なんとか岩

 なんとか岩。

大奈佐美島

 まずは海峡横断。大奈佐美島へ。

奈佐美瀬戸

 この大奈佐美島の両側、奈佐美瀬戸と厳島海峡はどちらも大型船の航路になっているようで、しかも小黒神島の東西どちらかへ抜けていくような感じ。つまり4方向から船がやってくるので結構タイヘン。本数は少ないですけどね。こんなでっかい船も通って行きました。

絵の島

 絵の島が見えてきました。

厳島海峡

 厳島海峡でも、左右から大型船がやってきたのでやりすごしました。

厳島本土

 やっと厳島まで辿りつきました。この盛り砂利が一周の目印ってことで、周回スタート!

祠

 厳島の周囲には各所にこんな祠がたくさんあります。場所に意味があるんでしょうかね。

包ヶ浦?

 これは包ヶ裏かな?人がたくさん。渡船から近いからなんでしょうか。

聖崎

 厳島の最北端、聖崎です。

聖崎の洞窟

 洞窟が!

渡船場

 岬を回り込むと渡船場が見えてきました。ひっきりなしに渡船が往来している危険地帯です。

桟橋

 ここは桟橋の下を通るのがルールだとか。

五重塔と千畳閣

 五重塔と千畳閣。857畳なのに千畳閣。

 修学旅行なのか、女子高生がたくさんいました。岸辺で座り込んでなにやら食べていて、手を振ってきたので振り替えしてみたらなんか喜んでそうでした。近寄ったら多分キモイとか言われるんだろうなぁ・・・。でも、近寄るとパンツが見えそうだったのでやめときました。

大鳥居

 有名な大鳥居の前に来ました。もう既に潮が引いてきていて、水深は30cm~10cmほどなので観光船は近寄れません。なので安心して近寄ってみました。

大鳥居 大鳥居

 シーカヤックで来るのは2回目。近くで見ると大迫力。

観光客

 さすがにGWだからか観光客はたっくさんいました。

いきなり西端

 そこからは淡々とたんたーんと漕いでいきました。7~8km/h程度のいいペース。ここでリタイヤしたらどうやって帰ればいいんだろう?などといろんなことを考えながら漕いで行きました。

 西端のあたりにはかきいかだがたくさんあります。いかだの上には小屋のようなものも作られていて、そこで休憩したり作業したりするんでしょうね。

可部島

 西端では風をさえぎるものがなくなり、強い南風が吹いていました。というわけで、その前に上陸して遅めの昼食を摂りました。

 可部島の前を通る頃には波が高くなり、1~2mはあったでしょうか。バウが落ちたときに巻き上げたしぶきが向かい風で飛ばされ体に当たります。ちべたっ

 たとえ向かい風でも向かい波でも進まないからといって力を入れて漕ぐとバテるのが早くなるだけなので、スピードが落ちても入れる力は変えずに漕ぐのがいい様です。

阿多田島

 遠くに阿多田島と猪子島が見えてきました。

東岸

 東岸はずっと1mほどの横波を受けていました。イヤラシイけどラダーを下ろすほどでもありません。今回殆どスイープストロークを使うことがありませんでした。不思議なもんで、しっかりと行きたい方向へ進んでくれました。

祠

 またまた祠。写真を撮ってないものもいくつかありました。

青海苔浦

 広い砂浜を見つけたので休憩。これが青海苔浦ですね。祠の前に東屋まであって、キャンプには快適そうです。

洞窟

 さらに歩みを進めると、洞窟が並んでいました。

宮島ロープウェイ

 宮島ロープウェイが見えました。見えるかな?

祠

 腰細浦?の祠。ここも広い砂浜でした。奥に道路が通っていて、車が何台か通っています。

一周!

 キャンパーがたくさんいた入浜を抜け、やっと最初に見た砂利山が見えました!これで一周達成!!

遠いゴール

 でもゴールはあんなに遠く・・・。また海峡横断をしなきゃなりません。

通ってきた道

 通ってきた道はあんなに遠くに。もう霞みの向こうでわかりません。たくさん漕いだものだ。

 行きはそんなに感じられなかった潮流も、帰り道ではきつく流れていました。奈佐美瀬戸では漁船待ちの間にかなりはっきり流されているとわかるほどでした。せいぜい1ノット未満のはずなんですけど、これでこんだけ流されるんだったら6ノットとかえらいことです。水面はざわついていました。スピードも4km/hほどしか出ません。ここが一番きつかった!漕がないと流されちゃう~

夕陽

 ゴールして上陸して見た夕陽はとてもきれいでした。

MAP

 よく漕いだ一日でした。最高記録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. mouji より:

    え~!!
    宮島漕いでたの~~~!行きたかったな~!!

  2. quickturn. より:

    朝8時頃行くって決めたので :pikapika:

  3. fusai より:

    宮島一周面白く読みました。西能美島側から渡るのは思いつきませんでした。ビーチなら駐車もできて良いですね。宮島に漕ぐなら車はどこに停めるか、ちょっと考えてしまいますので。

    30Km以上をソロで漕ぐとどんな感じなんだろう。黙々と漕ぐのかな。

  4. quickturn. より:

    >黙々と
    「くっちぶっえふーいーてーあっきちへーいーいたー」とか
    「みさきーめぐりのーばすはーはーしるー」とか
    ですね

  5. mouji より:

    まさに鉄人・・・

  6. quickturn. より:

    >まさに
    歌が??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です