• このエントリーをはてなブックマークに追加

8/14 錦川 出合~南桑編

8/14は錦川上流部ダウンリバーでした!
友廻の瀬は台風前に戻ったか!?

久しぶりの錦川上流部編!
ちょっと長めの出合~南桑のコース。
南桑がベースキャンプなのでここをゴールにすればゴール後が楽になるからという理由・・・。
今回はワタクシが幹事を勤めさせていただきました!って呼んだだけやん・・・。


朝、fusaiさんご夫妻とP.Nさんと歓談していると、けんとさんが河原へ降りてきた。

ほどなくしてしろ~さんも河原へ愛車で降りてきた。賑やかになってきた!

でも朝7時頃だったかな?出発までかなり時間がありまくり。しろ~さんたらもう泳いだりしているし(でしたよね?)。

特に当日の集合時間など決めていなかったけど、たいてい9時を目処なので、月曜日のひとTさんもその頃到着だろうと思っていた。

ところが、なんとTさんちの冷蔵庫が壊れたとかで?片付けでちょっと遅れるそうな。まぁ急ぐ旅でもなし、まったりと過ごす。

また突風が吹くと、その場にいないので和田さんたちに迷惑をかけてはいけないので、テントを畳んだ。そしてこの後、再び建てることはなかった・・・。

その間に着替えたりカヤックを乗せ替えたりしてみた。ホビオの中にZG48とS6X、上にidとProZone(でしたっけ?)を縦積み。4艇も乗っけたのは初!ルーフボックスを外して車内をカラにすれば、車内に190未満限定で2艇、ルーフに2艇追加できる計算なので、8艇いけるかも!

Tさん到着とともにけんとさんの艇をTさんの車に載せて、Tさん号に2艇+4人、ホビオに4艇+2人、これで2台でいける!うーん、ナイスな段取り。幹事っぽい?

まぁそんなに経たずにTさん到着。上流へ移動し、出合に程近い広瀬のサンマートで買出し、出合へ移動。こんなところでもキャンプをしている人が!

ダウンリバースタート!
ダウンリバースタート!
さすが水量は少な目だけあって迫力に欠ける感じもあるが、水質は最高で透明度が高い。天気もよくて気分がいい。ていうか暑いのでひっくり返ってないと生死に関わる。

鮎釣が何人かいたが、わりとふつうの人だったので安心。

ところで、釣の人を分類すると次のような感じかな。
無視派 コミュニケーションの取りようがないので、今行っていいのか悪いのかわからない。こういうときは航行権を行使するしかありません。
気さく派 どこまでいくんかねと声をかけてくれる。たいてい錦帯橋まで行けばいいのにと言われる。地元の人っぽいラフな装備。
イライラ派 通ると鮎が逃げるとか言う。鮎の習性をまず知ることから始めましょう。たいてい装備万全な感じ。
ニッコリ派 さっと竿を上げて通してくれる。挨拶するとニッコリ返してくれる。
罵声派 なんか文句言ってる。瀬なので聞こえず。
スマート派 こちらに通って欲しい針路をさっと指示してくれる。安心。

通るとき、「すみませ~ん」と言うとよくないらしい。なんか、無意識下で相手が上になってしまってきついことを言いやすい状況を作り出してしまうとか。なので、今回は「こんにちは~」で通してみた。

でも、錦川はいい方がほとんどなので気が楽。でも、礼儀は大切に。ここでいやな思いをさせちゃったら、今度からいやな釣師になっちゃうかもしれません。釣師対カヤッカーじゃなくて、人間対人間ですから。

スカリングブレイスが流行
ムダにスカリングブレイスの人も・・・

河山の駐車場から
なんだかあっという間に河山へ到着。鮎釣がいたのでさっさと通って来たからかなとかムダな遊びが足りなかったんじゃないかとか言ってたけど、後からfusaiさんの計測だと全工程の1/4ほどだったようだ。和田さんのツアーのときはいつもココが昼なので、真ん中かと思ってたら・・・。
ていうかあんまり写真撮ってないなぁ。この写真もコンクリートが白抜けしちゃってるし・・・。

とりあえず河山の駐車場のところのあずまやを占拠してランチ。Tさん主婦っぽくグレープフルーツを振舞う。いや~おいしかった。

午後からのダウンリバーの最初、河山の駐車場の下流側のところには泳いでいる人多数。カートホイール(ぽいやつ)をして沈して起きると泳いでいた中学生くらいの女の子が目を丸くしてみていた。そして拍手してくれた。

もう簗(やな)ができはじめていて、簗の間を通り抜けた。そこから先はしつこくムダ遊び。エディというエディをキャッチした。

瀬
瀬

瀬はやっぱり迫力がないうえに浅くてゴリゴリ。まぁそれでも上流編っぽい感じ?

水面に映る空
水中に空があった。

しろ~さんカートホイール!
ちょっと下ったスズキのお店のある手前のあたりのスズキの瀬(てきとうに命名)に、なんと乗れるウェーブができていた!水量少ないときにできるんだろうか?今までもあったけど乗ってなかっただけなのか?あまり難しくなく、気持ちよく乗れるのでみんなで乗った。延々と乗った。1時間以上乗っていたらしい。

友廻付近
ほどなくして雨がぱらついてきた。連日続いた大雨か?と思ったら、そうでもなく、ふつうにパラパラと降ったようだ。

この写真は友廻の集落のあたり。ここに来るといつもこの景色を撮影してしまう。好きな景色のひとつ。

この辺の岩は赤くなってるから赤瀬っていうんですよ~などと観光ガイドっぽく話してみたが誰か聞いてただろうか??とりあえずスカウンティングはやっておいた。

友廻の赤瀬

昨年の台風14号で変わった友廻の瀬も、なんだかその前に戻ってきたような気がする。真ん中の大岩の右岸側に本流が流れている。水量が少ないせいなのか、元に戻ったのかは水量が多いときにもう一回見てみないとわかんないかな。

P.Nさん
Tさんはライニングダウン、しろ~さんが先頭に行ったので写真なし。2番手はワタクシ、3番手はfusaiさんだけど間に合わず写真なし。4番手のP.Nさんの写真!


で、なぜかけんとさんはムービーで撮ってみましたのでご賞味ください。

この友廻の瀬でもホール状の部分にアタック。やっぱり流水ロール下手だなぁ。

楽しかった!
そこから先はまったりコース。水量少ないし流れないし特に難しいところもないしで、静水ムーブの練習を延々しながら南桑まで下った。結構疲れた・・・。

ゴール後、fusaiさんの車でけんとさん・fusaiさんと出合へ車の回収&買出しに。その間、P.NさんとTさんはお帰りになられた。ちゃんとお別れの挨拶をしとけばよかった・・・。

買出しをして帰ってきて、けんとさんとしろ~さんでテーブルを囲んだ。fusaiさんご夫妻は後からオトナの時間に合流~。しろ~さんたらちゃちゃちゃっとウマイ夕食を作ってくれたのでそれを頂いた。すっごく手馴れた感じ。俺もちゃちゃちゃっと湯を沸かすくらいはできるけど・・・。こんな風にできたらいいなぁ。

思えばこんなにたくさんのカヤック友が出来ていたんだなぁ。ありがたいことです。また企画しますね~

夜はテントを建てるのも面倒で、タープの下でキャンピングベッドで寝た。寒いくらいだった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんと(^。^)y-。oO より:

    さ~これからキャンプだ!
    気持ちは1週間前に戻ってます(笑)
    もう現れたので、ゆっくりで良いですよ~(笑)
    ムービーいただきます\(^o^)/ワーイ
    自分とこにうまく張れるかな~
    ではまた…ピョーン°゜°。。ヘ(;^^)ノ スタコラサッサ

  2. quickturn. より:

    他の写真も整理してまたいつものようにアップしますのでお待ちくださいませ・・・

  3. fusai より:

    出来事をしっかり記憶されているのに驚き。
    さすが知的カヤッカー。

    すみませ~んはアカンのですね。勉強になりました^^;

  4. quickturn. より:

    だれが恥的カヤッカーやねん!

    すみませ~んもそうですけど、記憶があやふやでもたまにどうどうとウソつきますので話1/4で聞いてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です