• このエントリーをはてなブックマークに追加

5/28 錦川 ~出合-南桑 錦川上流編~

雨霧の錦

 山口アウトドアで本日予定されていた「鮎釣り解禁前、緊急特別企画:錦川源流域下り編」は、昨夜から降った雨の影響もあって水量が多いことが予想され、中止となった。というわけで、P.Nさんもまだ行ったことのないという上流部へ行くことになった。


 メンバーは和田さんにNさんに、数百km先からやってきたP.Nさんの4人。出合からスタートして、初っ端から瀬アソビ。白い波を見つけると吸い寄せられるように全員集合。乗れる瀬が少ない錦川、小さくてもみんなハンターのようにウェーブを狙う。

嵐の前の静けさ

 錦川の上流部はまだまだ自然が残っていて、素敵な景色もたくさん。よく晴れて川底まで照らされた景色もいいけど、雨霧でモノトーンの景色も好き。はっと見入ってしまう。しまうけど、でもバウストールの練習!静かな瀞場でもバシャバシャと・・・

 錦川にはウェーブが少なくても、上流部は練習できるスポットがたくさん。岩があるたびに岩の裏でSターン。左岸側から岩裏のエディに入ったら、右岸側へワンパドルでピールアウトっていうのを何度もやった。あとは、エディラインを使ってスターンスクォートやら、サイドスリップやら。瀞場でもしっかり遊べて、エディライン一本あれば延々と遊び続けられるっていうのが楽しい。

 水量はやっぱり多めで、南桑水位で1.4mくらい。ちょい多めくらいだけど、あちこちの瀬は迫力アップ。でも、柳瀬のウェーブはなくなった?なんだか完全に埋まってしまったような気がしたけど・・・水量が多すぎただけじゃないよね?

河山

 ランチポイントは河山。台風で流れたあと復活した河山のテーブルで和田さんのパスタを頂いた。ウマイ。この間も雨は降ったり止んだり。

友廻までもうすぐ

 午後もウェーブをひとつひとつ寄ってたかってこなしていくと、そろそろ友廻。この原風景が友廻の入り口。水量多めで友廻は一体!?

友廻の赤瀬

 とりあえず右のチキンコースを通って確認してみると、結構激しい流れ。担ぎあがるより寧ろ下のウェーブ目掛けてアタックする方が楽しくて、それで疲れてしまった。

 サイドスリップでウェーブへ向かっても、流れが速すぎてちょっとデッキを食われるとものすごいスピードで沈させられる。ふつうの沈って「あ~れ~」って言うヒマくらいあるじゃない?でもパタッとやられちゃうんよね。パタッと。そしてまた流れが速いからロールも失敗しちゃうし。沈したときに、今流れがどっちからで今自分がどっち向いてるからどっちの手でロールすればいいな!とかムリだから。しかも目つぶってるし。

戦いのあと

 そのあと、根笠川の河口にできるストリームとエディで延々とスターンスクォートの練習。並んで順番にやってるのがなんだかおかしかった。でもこんな流れがあったら延々と遊べるメンバーって楽しい。スターンスクォートからバウを入れる練習に発展させたかったけど、なんかむずかしかった。

 根笠の下の瀬でひとしきり遊んでいる頃、N氏は先にどんどん下っていった。根笠~南桑の5級の瀞場の頃にはもう見えなくなっていた。それでも瀞場だけにとろとろと流されながらバウストールの練習をしていると、最長5秒くらいいけたかも。結構満足。

 南桑に下りてくると、N氏の艇が。本人は一体どこへ?とりあえず撤収してウェアを干しつつ皆さんをお送りすると、N氏がカートップしてやってきた。皆さんもう帰っちゃいましたよ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんと(^。^)y-。oO より:

    1枚目からいつもと全く感じの違う錦川…。
    まっ晴れ男のわたしが見ることはないね(笑)

    ちょっと煙った風景も格好良い~!
    しかし残念でしたね~、源流域下り…。
    源流域も鮎釣り領域なんだろうか???

    今日の錦川の写真も良いけど、見たかったな~源流域…。
    けんと(^。^)y-。oO

  2. quickturn より:

    ですよね~
    最近私の雨オトコ疑惑浮上中・・・

    鮎もさすがにダムは越えられないので
    きっと源流域は大丈夫だと思いますよ~

  3. けんと(^。^)y-。oO より:

    そうなんだ、ダムの向こうね…σ(^^)
    ってダムの存在がわかってなかったです(^^;

    誰かが海に行ってる間に ピョーン°゜°。。ヘ(;^^)ノ スタコラサッサ
    けんと(^。^)y-。oO

  4. quickturn より:

    錦川にはヘドロをたっぷりたくわえたダムがいくつもあるんです!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です