• このエントリーをはてなブックマークに追加

パタゴニア サーフバケット

 6月の海に向けて帽子とサングラスを新調しました。

 歳も歳だし多少は日焼けに気を使おうということで、ハットを購入。今までキャップばっかりだったけど、耳が焼けるのでね。

 ショップでいろいろかぶったりしてみた結果(Lサイズでも入るかどうかかぶらないとわからないのですんでね)、選択肢に上がったのはモンベルのスティングレイハットパタゴニアのサーフバケット。帽子にはよく「フリーサイズ」っていうのがあるけど、これはまず入らないので却下。サイズ展開がある帽子で、Lサイズが入るかどうかが要チェックポイント。どちらもLサイズでジャストフィット!!だったんです。


 どっちにしようかな~と悩んだ結果、高価だったけどパタゴニアのサーフバケットにしました。

 モンベルのはねぇ、なんだかよさげだったけど、コットン100%って書いてある。山へ行くときなんかの帽子だったらまぁアリなのかな。でもシーカヤックなんかの水遊びでは、濡れちゃったら乾かないし重くなるし使いにくそう。ちっともロールしないヒトだったらいいのかな。

 というわけで、パタゴニアの方にした。こっちならすぐ乾きそう。「ドルフィンスルーの際も」って書いてあるくらいだし、このままロールしてもあんまり水圧かかんないかな?と。濡れて当然の使い方を想定してあるのってどう考えてもこっちの方でしょう。ていうかサーフィンって帽子かぶってするもんなの?

 と、ここまで書いて・・・。

 今そのモンベルの方のリンク先を見たらさ、シーカヤッカーさんのアイデアっていう文字が見えたんだけど・・・。うーん・・・コットン100%?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. けんと(^。^)y-。oO より:

    「海や湖でのカヌーツーリングや釣りを快適に行うためのハットです」って、ロールは論外なのかも(笑)
    日差しは海では強いでしょうからね~。
    わたしは仕事中も海も、今のとこタオルを頭に巻いてます(^^;
    って海は去年の~あれ?何月だったかな…。

    もう6月ですね、ワクワクするでしょう!
    わたしももうすぐ給料日で、ちょっとウキウキですσ(^^)
    けんと(^。^)y-。oO

  2. しぇりい より:

    わたしもけんとさんに賛成(笑)。
    シーカヤックでロングツーリングする人とか
    荷物も積んでるだろうし、Qちゃんのように
    まずロール有りきで帽子選ぶ人の方が
    珍しいかもよ(笑)。ていうか、めずらしい!!
    Qちゃんにはパタゴニアで正解。
    私は海でも川でもモンベルで♪

  3. quickturn より:

    給料日!!
    お!
    ゴチになりま~す :restrant:

    多分、世間のシーカヤッカーさんは
    そう簡単に沈しないんでしょうね・・・
    私は鏡のような波の全くないところで
    沈した経験がありますし・・・ハハハ

  4. quickturn より:

    いやん1分違い~

    >しぇりいさん
    アナタのキャップは速乾性の高いキャップでしたよね。
    濡れても重くならないキャップでしたよね。
    だから思う存分ロール練習してもよくってよ。

    ていうかね、荷物満載の方がロールしやすいよ~

  5. fusai より:

    qちゃんはkayak’n rollerですから~残沈!

  6. quickturn より:

    残沈・・・

    残沈・・・

    残沈・・・

    残るは沈むのみ・・・ :bad:

  7. fusai より:

    書き込み後に悔いることってありませんか>all

  8. quickturn より:

    そんなの気にしてたらオヤジになれませんよ :pikapika:

  9. fusai より:

    レス早! :swirl:

    すでに立派なオヤジですら~

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。