• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックダイヤモンド アポロ&オービット

 先日、シシャフォー記念に頂いたLEDランタンを試してみた。大きいほうがブラックダイヤモンドのアポロ、小さい方が同社のオービット


 テントの中でも安心なLEDランタン。車の中でも安全なLEDランタン。子供がいても安心なLEDランタン。倒れても安全なLEDランタン。ただ問題は明るさだった。僕もLEDランタン持ってたけど、そんなに明るくなかった。

 なので、そんなに期待してなかった。いや前のよりは明るいだろうと思ってたけど。しかしリフレクターが優れているのか「ほや」が優れているのか、それとも別の要因か、非常に明るいと感じた。

 ロストアローに行ったら比較表があるんだけどまとめてみた。

 APOLLOOrbit
直径7.5cm5.3cm
高さ24.3cm14cm
収納高さ13.3cm10.2cm
重量(電池含まず)220g84g
使用電池単3アルカリ×4またはNRG単4アルカリ×4またはNRG2
搭載LED3ワットハイパーブライトLED×11ワットハイパーブライトLED×1
電池寿命60時間10時間
照射距離50ルーメン32ルーメン
吊り下げ機構ただのループダブルフック

 アポロは足を出すと高さがあるのでテーブルトップで、オービットは軽いし小さいしバックパッキング・ソロキャンプで、といった感じだろうか。長持ちするのはやはり単3電池のアポロ。軽量コンパクトなのはオービット。

 どちらも、明るさを「無段階調節」できる。無段階って言っても多分PWMなので有段階なんだろうけど・・・とか夢のないことを言ってみる。ボタンプッシュで点灯させた時が一番明るくて、そのまま電源ボタン長押しで暗くなっていって、一番暗くなったらパッと消えてすぐつく。そのまま押し続けると明るくなって、またパッと消えてすぐつく。輝度の最大・最小を消えることで示しているのだろう。

 両方つけてみて驚いた。どちらも明るさが変わらないように感じる。3ワットLED対1ワットLED。正直、オービットの方はそんなに明るいとは思ってなかった。

 昨夜、車内のサブバッテリーをいじくるのにアポロをつけていたら、夜で暗いのに全く気にならないくらい明るかった。

 カメラの露出補正を調節してみた。肉眼で見た「ほや」の感じはこっちの方が近いような。カメラのフラッシュをオフにしていても手ブレ注意サインが出なかった。

 アポロの方が白くて、オービットの方が暖色系な感じだった。でもこれはLEDのバラツキの範囲だと思うので当然逆転したりするだろう。製品による色の違いではないと思う。知らんけど。

 ボディを縮めて足を畳んだ状態のアポロ。350mlの発泡酒の缶とほぼ同じサイズ。ビール缶とは比べてないので不明。

 上から比較。アポロの方が少し大きい。

 アポロの方は電池残量インジケーターLEDがついている。オービットにはついてない。

 アポロの3本の足を絞ると、その部分を片手で持つことができる。なのでちょっと長く持って振り回したりしてサインにも使えるかも。

 吊り下げ機構の比較。アポロはただのループ。ひっかけるにはカラビナなどが必要。オービットの方はダブルフックなので、ロープやループにぱっとつけることができる。よくできている。

 ちっちゃいオービットは収納高さ10.2cm。ちっちゃい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です