• このエントリーをはてなブックマークに追加

2/19 比婆山 吾妻山~烏帽子山~御陵~立烏帽子山~池ノ段

 比婆縦走トレッキングリベンジ編。前回の雪辱を果たすために、再度この地へやってきた!運は全然全く使い果たしてなかった12.3km。

 moujiさんとは庄原市内で会って、一緒に集合地点へ。路面温度は-7℃とか。前回苦労した車ラッセルも一切不要であっという間に到着。到着すると既にshindyさんも来ていた。予定より早く、朝7時前にみんな集まってしまった。準備してる時もグローブしてないと手が動かなくなる。足元が凍っていて滑ってこけた。shindyさんなんか滑り始めたらグリセードするんだからやっぱり基本的な運動能力が違うんだと思うよ・・・。

 あの尾根はスタートだったの先週はゴールでも。朝日照らした雪の吾妻に何も言えなくて。まだ除雪されてなかったから。ダメ。ゼッタイ。

 先週はしょっぱなからラッセルが大変だった林道は僕のよく知ってる林道に変わっていた。そうそう。これこれ。板厚ラッセル!このくらいのだったらさーって行けるでしょ!縦一列にならなくてもすいすい。

 今回はウロコ板じゃなくて、いつもゲレンデで使ってるWorldPiste + BD O1。ウロコがないから最初からシール装着だったけど、やっぱり他のメンバーと揃えるっていうのは重要。思いつきのショートカットもウロコだと対応できなかった。今度からそうしよう。

 O1のツアーモード・スキーモード切替はどちらも押す動作だから、ストックを使った操作としては一番自然だと思う。TARGA ACSENTの横にずらすのはポールのしなりが気になるし。特に凍りついてて動かない時とかね・・・。O1は凍りつくことがあるだろうか。まだ今回はわからなかった。

 今回は大膳原へショートカットするルートを選択。先週もこっちでよかったかも・・・。「一周」したいとか思っちゃったのよねぇ。

 比婆の方は霧氷がきらきら冬桜。

 ぷちショートカットをして、谷底から這い上がると青空が低くなってきた!

 じゃじゃーん!脳内でファンファーレが鳴り響く!晴天の大膳原と吾妻の白い峰。ハッっていうね、ハッって!!

 振り返ると比和町一押しの福田頭。

 足元にはシュカブラ。「美しすぎる」比婆山系。

 数歩歩いては写真を撮ってしまってみんなあまり進まない。そんな感動に満ち溢れているとき、ドンというかドスンというかバフでもないしパンなんて軽くはない音が腹に響いた。もしかしたらこれが本で読んだワッフ音か?!ちょっと怖くなる。

 安全な登りはどこかを確認して尾根へ取り付く。雪面はラメラメ。写真には写らないなぁ。すんごいきれいなんだから。

 樹林から抜けたところでピットチェック。ここ数週間のこの辺の積雪具合を知っていたので、それがどういう風に雪の断面に反映されているかがよくわかった。たくさん勉強させて頂いた。一人前になるには自分で1000回くらい見ないといけんのやろうけど。

 こっちの斜面は雪崩のあとが見て取れる。

 ともかく山頂に到着。これが「一つ目」のピーク。

 大山・三瓶山までよく見える。これだけはっきりくっきり見えたのは初めてかも。大山は遠くにあっても存在感がある。

 ↑久しぶりにグリグリパノラマ作ってみましたよ。ドラッグしてスクロールしてね。一応WindowsだとShift/Ctrlキーで拡大縮小できるみたい。macとか他のは?RSSリーダとかだと見えないみたい。

 準備をしたら、大膳原まで滑降!ここを滑るのは実に7年ぶり。吾妻山に来ること自体も7年ぶりかな。絶好の斜面はまだ誰も滑ってないノートラックバーン!上の方はガリガリでびびったけど、下の方はゲレンデと同じだった!素敵な写真を撮っていただいたので、今年の年賀状にしよう!もうすぐ3月ってのに・・・

 上の写真もそうだけど、まだ後傾なんかなぁ?今回はよく締まってて新雪がうっすらで、とてもとても気持よく滑れた。この雪のおかげやな。

 左のターン弧はワシの!緩斜面になったところで調子に乗った!真ん中のはshindyさんの。Switch入ったのでこんなシュプール!

 青いブラックサンダー達は惜しみながら雪面を去っていった。

 僕はヨダレをたらしながら振り返った。今回は縦走メインだからねぇ~。また滑りメインで来ましょう。

 鞍部まで下りてきて、シールをつけて烏帽子山へ向かって登り返し。途中うさぎが駆けて行った。生うさぎ見た!

 上の方まで来るとさっきいた吾妻の峰がよく見えた。ついつい振り返るよねぇ~

 何度も見ちゃうよねぇ~

 二つ目のピーク、烏帽子山到着。さすがにこっちの稜線はトレッカーがたくさん。ここで昼食。

 こっからも大山がよく見える。少し雲が出てきて肌寒くなってきた。

 御陵との鞍部はすぐなのでシールをつけたまま滑って下りて、そのまま登り返し。

 ブナには霧氷がビッシリ!雲が出てきたのは、これをそのまま残してくれるための演出だったんだね!

 3つ目のピークは御陵。伊邪那美命の墓とされる御陵の岩はすっかり雪の下。柵も埋れているので入らないように気をつけましょう。

 御陵でシールを外し、越原越へツリーラン。スキーを活かしたスノートレッキング!数分で越原越まで下りてきた。

 再びシールを装着して、池ノ段へ登り返し。白い鮭フレーク!霧氷が落ちて堆積したものなんです。

 池ノ段へもう少し!

 出た!

 余裕があったのでオプショナルツアーということで立烏帽子山へ向かうことに。

 スキーの跡があるということで見てみると・・・紛れもなく2週間前のオレ跡!ウロコで登り返すときに雪面を汚さないようにと端っこを歩いたその跡が、ミミズ腫れのように浮きだして残ってた!

 ほらほらこんなにはっきりと!

 青い空を貫く飛行機雲。よく見るとこれにも影があるね。

 こっちの写真の方が影がくっきり。この時太陽は右後にあったから、影だと思うんだけど。

 小さな雪庇を乗り越え山頂へ。

 山頂の碑救助中!頭はどっちだ!気道確保!とか言いながら!これで4つ目のピーク。

 2週間前はコレですよ。あの後結構降ったからねぇ。あのオレ跡はよく残ってたもんだ。

 こうしてみるとすんごい断崖絶壁の雪庇の上に立つ危険な青いブラックサンダー二人、に見えなくもない。

 鞍部まで一本!一番左が僕のシュプール。感動!こんなターン弧を残せるなんて。

 最初の頃は、安全に下りさえすればいいんだから斜滑降+キックターンでも十分、歩くのが楽しいんだから、そういう考えでいたけど、ある時から滑りたいと思うようになって練習に力を入れた。成長するのには人三倍時間がかかったけど、今、こうしてシュプールを並べられる時が来るなんて。練習頑張った甲斐があった!まだまだ発展途上だけど、これもひとつのステップ!何度も振り返ってにやけてしまった。オレ的にスゲー

 板はかついで登り返して、5つ目のピーク、池ノ段。

 歩いてきた道。よく来たなぁ。

 さっきいた立烏帽子山。みんなで雪面を荒らした跡がよく見える。大山もここでお別れ。

 さよなら池ノ段。滑ってるところを後ろからshindyさんが動画で撮影してくれた。家宝ができた。

 残念ながら営業を終えてしまったスキー場へ。雪が少ないとかなりのブッシュらしいけど、雪があったおかげかすいすいいけた。目の前に広がるノートラックバーン。今日は誰も滑ってないらしい。

 トップでピットチェック。

 スキー場を利用させて頂いて、下まで下りてきた。標高が低くなってきたのと気温が上がってきたせいか結構な重雪。でもこの雪さえ楽しめるようになれば、この中国地方でもかなり遊びの幅が広がるはずなんよねぇ。

 shindyさん。

 moujiさん。

 ありがとうございました。

 スキー場にも。ありがとうございました。こんな立派な建物があるのに。こんなスキー場を増やさないためにも、もっとゲレ食食べてお金使わなきゃ。え?タダ券使うなって?いやそれはまた別の問題で・・・

 無事帰ってきたよ。比婆の山々にも。ありがとうございました。何もかも史上最高(当社比)。信頼できる青いブラックサンダー達に頼りっぱなし。もっと頑張ろう。鍛えよう。練習しよう。

 

 帰りはshindyさんに案内して頂いて、「かさべるで」にて入浴。安いのに貸切風呂で。すばらしい。

 今回は上半身が結構疲れた。シール登高は全身運動だ。去年は短いパドルで漕いでたからなぁ。でかいブレードの長いパドルで腕漕ぎガンガンやったり、無雪期トレッキングもダブルストックで鍛えないといけないかも。

 

 またにやけてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. mouji より:

    青いブラックサンダーです(`◇´)ゞ
    何度見てもニヤケル写真ばかりですなぁ~。
    GPSで確認すると12km超!!
    よくぞ、あれだけ歩いて滑りも満喫できたもんです。
    それもこれも、天候と信頼できる仲間のおかげ!!

    史上最高の楽しさ(当社比・冬版)でした~!
    もうけっこうおなかいっぱいの冬だから、シーズン終わりが近づいてきた気がする!
    Qちゃんはまだまだ練習が続くのかなあ。

    またご一緒に、よろしくです!!

  2. shindy より:

    青いブラックサンダー2号です。
    ご一緒できて楽しかったです♪
    Qさんと滑ってのメリットはテレのカッコイイ滑りの刺激を受けて、テンションが上がること。
    デメリットはテレマークに転向したくなることですね(笑)

    僕の山スキー人生では一番の山行でしたよ~★
    またお願いします~!!

  3. quickturn より:

    moujiさん:

    あれで雪がグサグサだったりするとまた違った印象だったでしょうね。
    ホントに天候にめぐまれました。
    この前のメンバーともこの条件でまた行けたらいいですねぇ・・・。

    おなかいっぱい感とってもありますが、シーズンはまだ折り返し!
    特に今年はシーズン長いはず!
    暴飲暴食行っちゃいますよ!新しい板も届いたし!

  4. quickturn より:

    shindyさん:

    カッコイイのはまぁモデルがいいから仕方ないですが [雨]
    ていうかお世辞でもそう言って頂けるようになれるなんて涙がチョチョ切れます
    カッコイイ写真ありがとうございました!家宝にします!

    shindyさんの場合すぐ滑れるでしょうから転向っていうより
    ボードやったりテレやったりアルペンやったりって
    どれもいけちゃうんでしょうねぇ?
    とりあえず板ブーツセット貸しますよ [晴れ]

    次はこの上を狙って(あるのか?)また行きましょう~

  5. けんとOo。.(^。^)y-~ より:

    トップの画像…格好良い~~!
    わたしはもうすっかり滑れなくなってるだろうな…(T^T)クゥー

  6. quickturn より:

    でしょ~やっぱりモデルが [雨]
    わかる人にはツッコミどころ満載の姿勢ですが
    カメラマンの腕のおかげですね [晴れ]
    また余裕ができたら雪遊び行きましょう!

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。