• このエントリーをはてなブックマークに追加

2/25 深入山

 今回はソロで、ザラメの深入山下見登山。だいぶ終わってきた気がするけど「腐っても雪」!!の4.4km。

 なんだかんだで昼到着。道路には雪は全くなし。いつもと違って閑散とした駐車場。でも栄太郎さんの車はあった!さっすが。

 いつもは行列で買いにくい戸河内の道の駅んとこで買ってきたうまいヤツをパクつきながら荒れた山肌を眺める。雨も止んだっぽいし、まぁ行くか、と準備してると英太郎さん達が(昼食から)帰ってこられて少しお話。山を肴にマッタリされてるそうだ。それも楽しみのひとつ。

 僕は一本でも登る練習をしなければ、と出発。この写真が13:21。さぁどんくらいで登れるかな?!

 ザラメ。ザックザク。だいぶ落ちてきてる。

 めんたま見開いてるー!

 こっちも惨憺たる状況。デブリやクレバスをひやひやしながら渡る。

 でも高度を上げていると、ザラメの間にベーキングパウダー的な感じで新しい雪が振りかけられている。ウホッ

 でもこっちはもう禿げちゃってます。アデランスー!

 山頂直下もざっくり。

 道標はほぼ全部出てきた。だいぶ減ったもんだ。

 山頂なう!14:21。なんと1時間かかっとる。前より遅いやないかーい。

 裏は真っ白やないかーい。

 霧氷はトゲトゲやないかーい。

 山頂からはデブリを避けて左の方へ。このへんは面ツルでちゃちゃっとターンできた。

 ボロボロだった表と違って裏手の方はまさにゲレンデ。ザラメで沈まず滑れる!でもさすがに雨が降ったあとだから、水木栄太郎さんのいうところの『板つかみ妖怪』が現れた!でもまだちっちゃいヤツ。

 シールをつけなおしてる間はなんと雪が降ってきた!雨じゃなくて雪!これなら明日は・・・と期待に胸が膨らんで早速翌日のメンバーにメールを飛ばす。このゲレンデ状態にうっすらでも新雪が乗れば『板つかみ妖怪』は引っ込むはず!そして重い深雪と違って『板沈め妖怪』も出ないし!ヒャッハー

 登り返す途中で自分のシュプールを・・・見えんし。

 シールを外して滑る。がっつり板を掴まれつつも、もうコケないぞ!ていうかひっかかるのを前提に構えて滑ったのでナントカ・・・。

 そうか。『板つかみ妖怪』と相撲をとってるつもりで負けないぞ~って滑れば、この雪も楽しめる!「腐っても雪」土じゃなければ大丈夫!石もいやん。

 一人トボトボ夕暮れの寂しい帰り道。気付くと結構な雨になってきたけど、新しいウェアの撥水能力があまりにすごすぎて水滴すら全く残らず気付かなかった。いつまでもつかな・・・?

 

 片付けてると懐かしい音。風呂にいくと、岡大の吹奏楽団が合宿中のようす。昔はあの音にまみれて生活してた頃があったのですよ。なつかしい。

 なつかしさを後にして、「おひとりさま」ディナーをしたあといつものとこで寝た。目覚めた時には雪が積もっていますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。