• このエントリーをはてなブックマークに追加

1/14 恐羅漢スノーパーク

 moujiさんと恐羅漢でこそ練。ファット板デビューだったが、激しく後悔するほどつらかった。

 というわけで、ビンディング付けたてバーディクトを持ってきた。ファット板っつぅのは、太い。太いってことは、浮力が強いだけじゃろ、そう思っていた。

 しかし、それは一本緩斜面を滑っただけで覆ったのだった。まともにターンができない。なんじゃこりゃー

 曲がらないからがんばって踏ん張る。踏ん張るから疲れる。休憩ばっかり。バランス崩してよくコケる。

 板が硬いのか?サイドカーブに助けられていたのか?太いとこうなのか?オレにはまだファットは早かったのか!?ぁあ!

 moujiさんにたくさん動画を撮ってもらった。さぁそのうちの一本を晒してみよう。いきなりコケるわ、ふらふらしてるわ、サッパリなのがお分かりだろう。それから外向しすぎ。これはちょっとフォーム修正の途中だからいろいろアレなんだけど。

 この部分、後ろ足のブーツが体より後ろに行ってて、これでは板に圧をかけられないだろう。

 位置的にはこのへんだろう。下半身はこれで、上体をもうちょっと前にするとバランスが取れるのかも。

 そのときはその辺はあまり理解してなかった。でも最後の一本の前に気付いた。フラっとするのは後ろ足が踏めてないからだ。この動画でもコケたのはバランスを崩したからだ。

 多分、曲がらないーって突っ張ってしまって、それが前の足ばかりになって、荷重バランスが崩れたのだろう。最後の1本で後ろ足に意識をやると、わりといい感じで滑れた。最後に気づいてよかった。気付いたあとの動画と比べてみたいところではあるけど、もう(足が)終了~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 山本隊長 より:

    どうも!
    存在感のある・・・板ですね。
    ジャンプに転向かと思いましたよ。

    あそこの急斜面
    いい滑りですね~。

  2. fusai より:

    非常に参考になりました。太いと深雪で浮き浮きだろ~と良い事ばかり考えていましたが
    これはこれで結構キツイ面もあるのですね。
    パウダーではいいけど、ゲレンデではなんちゃらとよく聞きますけどいまいちピンと来ていませんでした。qさんがこうなら私ならまっすぐ落ちていってブットぶだろうな。

  3. quickturn より:

    山本隊長:
    ジャンプもテレマーク地方が発祥の地らしいですね!今知りました。
    これからは飛型点と着地姿勢に拘ってK点超え目指します!

  4. quickturn より:

    fusaiさん:
    いきなり浮き浮きウォッチンとはいかなかったですけど練習次第でしょうね!
    きっとこれでカッ飛んでる人もいるだろうし・・・。

  5. ヒデ より:

     金曜日ご一緒したポンテレのヒデです。
     金曜日のコトをブログにUPしたので見てやってください。
     あまり上手に撮れなかったけど、動画は現在編集中です。
     

  6. quickturn より:

    ヒデさん先日はありがとうございました!
    ご一緒させて頂いて感激です。
    あのあと二人で余韻に浸っておりました。
    またぜひお願いします!

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。