• このエントリーをはてなブックマークに追加

手放すとき

 思えば、そう、あの大歩危のときに手に入れたアイツ。とうとう、アイツも疲れてしまったのか、しっかりと体を張ってにぎっていたそのボトルをとうとう手放してしまった。


手放すくま

 ラリックマ緑号がとうとうお茶を手放してしまいました。手放してしましました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 杖ぱ より:

    それは、「もう一度四国へ行け」という啓示Death。

  2. quickturn. より:

    まさに死国Death。

  3. (´ー`)横断しちゃう?

  4. quickturn. より:

    (´ー`)黄疸でちゃう?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です