• このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵紛失事故調査委員会が自動車再稼働を許可

 鍵紛失事故調査委員会は27日、ジッパー開放滑走を想定外としていた事が原因と断定し、開放状態においても落下しないようポケット内フックの取り付けを要請、管理人は即日対応した。

 鍵紛失事故調査委員会の要請を受け、管理人はプラスチックフックとグログランリボン0.6mmを調達した。

 設置箇所を精査した結果、ポケット内に縫い合わせの部分があったため、これを利用し、フックを設置することとした。また、即日フックを設置した。

 この結果を調査委員会へ報告した。

『本事故と同様の事故を防ぐために、次のように対策を行うこととする。

  • ポケットは閉じられていることを確認する。
  • 万が一開放された場合にもフックで紛失を防止する。
  • 万が一紛失した場合にも自動車の稼働が可能なように予備鍵を■■■■■■■■■する(セキュリティのため非公開)。
  • ■■■■■■■■■■■■■とする(セキュリティのため非公開)。
  • ■■■■■■■■■■■■■とする(セキュリティのため非公開)。

 鍵紛失事故調査委員会はこれらの対策を了承し、即日自動車再稼働を許可した。

 これに対し、反対派市民は激しく反発、「セキュリティのため非公開とは隠蔽だ」「鍵所持は人間がコントロールできない技術だ」「鍵を持ったまま自動車を離れるな」「鍵があっても自動車が爆発したら結局帰れないじゃないか」などと抗議している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。