• このエントリーをはてなブックマークに追加

2/21 県民の森

 2/21は、県民の森へ。降雪が続いたおかげで銀世界完全復活!


 道中に見える烏帽子山が真っ白だったのでついついうきうきしてしまう。そして同時に、この日ばかりは山に入るべきだったと後悔した。青空+樹氷っていうのを今年は一度も見ていない。

 ゲレンデも真っ白。そんなに厚くはないようだけど、気分は真っ白!

 県民の森スキー場感謝イベント開催中!というわけで、メール会員限定缶ジュースプレゼント!を頂いた。

 リフトで登っている間に見えたかえでコースの圧雪がとても素晴らしかったので、一本目からかえでコースをループ。気持ちよく急斜面練習を繰り返した。でも最近思うのが、これが急斜面なのか?ということ。もしかしてこのくらいだと中斜面っていうのだろうか。個人的には十分急斜面なんだけど。

 ほらこんなに真っ平ら!

 この日はお客さんが非常に多いようで、リフト待ちが長い。長いったって数分だけど、近隣のスキー場が積雪不足でクローズしている関係もあるのかもしれない。

 かえでコースから来ると第2リフトの列の反対側から後ろに並ばないといけないのだけど、その途中で並んでいるSさん夫妻の甥っ子兄弟と毎回すれ違う。僕がいつも反対側から来るので「もしかしてあっち滑ってるんですか」ということで、じゃぁ一緒に行きましょうってことでかえでコースへ行った。

 カメラが追いつけず切れちゃったけど、テレマークスキーを初めてまだ10回くらいとは思えない滑り。僕はこのコース滑れるようになるまで何年かかったことか。

 弟くんも親父さんから借りてきたという細板革靴で急斜面を降りてくる。スゴイ。彼もまだ数回のはず。ありえない。全くこの一家はどうなってるんだ。素質なのかSさん夫妻の教え方がいいのか。

 彼らもさすがに3回くらいでもとに戻りますということで、また一人急斜面練習を繰り返す。圧雪具合も雪質もよくて全く疲れない。

 途中でSさんとFさん夫妻も上がってきた。Sさん夫妻もやってきて、またいつものメンバーが揃った。

 雪がよさそうだったのでぶなコース本コースの急斜面にも突入してみた。でもこっちはまだうまくターンできない。もっと思い切って突っ込まないといけないようだがまだ恐怖心がある。恐怖心を乗り越えて楽しめるようになるには練習しかないのだぁ!

 昼はラーメンハウスで半チャン坦々麺。

 午後はSさん夫妻と甥っ子さん兄弟が練習してて、Fさん夫妻は個別に練習しているので、Sさんと一緒にループした。気温の上昇とともに雪がゆるくなってきたけれどそんなに滑りにくくはならなかった。

 白い樹氷に覆われた山の風景を見ていると、ちょっと山に登りたくなったのでちょっと早めの4時半くらいで終了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です