• このエントリーをはてなブックマークに追加

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX500SL

 小さめサイズのヘッドフォンを探していたら、S/M/Lの3種類のサイズがワンパッケージに入っているSONY 密閉型インナーヘッドフォン EX500SLとかいうのを見つけた。これなら試着しなくても大丈夫だろうという点と、定価の半額以下だったという点で(←定価商法にやられている)買ってみた。

 届いてみたら、なんかパッケージからして高級そうだった。


 iPodについてきたヘッドフォン、掃除中に音楽聴きながらやってたら、耳からすぐ外れることに気づいた。それで再び耳に当てると、手で押している間だけ低音がよく聞こえるということに気づいた。この低音、どうやったらいつも聞こえるんだろうといろいろ試してみたが、低音が聞こえるところでフィットしない。も、もしかして・・・といまさら耳が小さいことを知った。それで小さいサイズのヘッドフォンじゃないと使えないんじゃないかと気づいたわけだ(遅)。

 普段使わないし特に高級がいいとかいうこともなかったんだけど、52%オフとかいうので試しに買ってみた。届くまで知らなかったというか商品説明をよく読んでなかったのだけど、本革ケース付きとか書いてあってびっくりした。

 このような高級オーディオ(?)を買うような方は使わないときは都度ケースにいれてるのだろうか。そしてポリプロピレンじゃなくて本革がいいのだろうか。ケースなしでいいから安くしてとか思ってしまうような人間にとってはもしかしたら身分不相応な商品なのかもしれない。

 買った決め手は値段だけじゃなくて、イヤーピースがS/M/Lの3種類同梱されていて、それに別売りでSSもあるという点。耳に合わなければ無用の長物っていうんじゃぁもったいないのでちょうどよかった。そして、結局Sサイズがフィットした。

 オマケ(ケース)の件はおいといても、本体はいい音がよく聞こえる。外の音はほとんど聞こえなくなって、音楽だけが低音から高音までよく聞こえる。この製品の性能なのか、今まで耳に合わないものを使っていたせいなのかわからないし良し悪しがわかる耳は持ってないけど、今までとは全く別世界。すばらしい。

 インナーイヤーヘッドフォンていうものも、体に合わせたフィッティングが重要のようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。