• このエントリーをはてなブックマークに追加

使用済み充電池の管理方法

 最近使ってる電池はエネループ。困るのが、満充電か充電待ちかを出先で分別しなきゃいけないことで、今までこうやって使用済み電池を分けていれておくケースを一緒に持ちあるいていたけれど、実はそれって馬鹿らしいということに気づいた。そして画期的な分別方法をハッケンした!ていうか常識だったか!

 その方法とは、電池ケースに満+済+と書いておいて、満充電の電池は満+の方向に+極を合わせて収納する。使用済み電池は済+の方向に+極を合わせて収納する。以上!なんで今まで気付かなかったんだろう。

 記憶力のいい人はきっとふたのヒンジ部から向かって右に+が満充電よと決めておけば間違えないのかもしれないが、ぜーったいムリ!満と済だけ書いておくと、あれ、満の方に-極だっけ、とわかんなくなるに違いないので満+と極性もしっかり書いた!ついでにいうと電池の部屋の中央は電池でスレて消えてしまうおそれがあるので少しずらして書いた!自分の記憶力・判断力を信用しないリスクマネジメント(笑)である!

 ちなみに電池はバラバラに使うとそれぞれ特性が違ってしまうので、2本ずつ・4本ずつのペアになるように開封日と記号を記入してある。必ずペアになるように使うと同じような特性で満期を迎えるはず・・・。シールを貼るという案もあるらしいがたぶん剥がれるので扱いが雑な僕にはムリ!これもリスクマネジメント(笑)である!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。