• このエントリーをはてなブックマークに追加

4/3 奥大山

 Fさん夫妻・Sさんに誘って頂いて、昨年に続いて奥大山のスノートレッキング。雄大な景色と霧氷の桜吹雪に感動!ちょっと経験値アップの6.2km。

 途中雨に降られたりして心配しながら大山に向かっていると、サンライズエクスプレスと並走。これが寝台特急なのだそうだ。寝台特急といえばブルートレインな世代なのだけど、モーニング・ミスト・ベージュのさわやかカラー。

 大山に近づいてきた。山頂の方は雲にかかっているけれど、今回はそこまで行かないし、ま、大丈夫かなぁ。

 大山環状道路は鍵掛峠まで開通していた。ご無沙汰のFさん夫妻・Sさんと合流して出発する頃にはたくさんの車が。みんな山に登ってるんだろう。

 ラッセル不要でさくさく登れる締まったいい感じの雪。こりゃ楽しそう。

 巨木も折れる大雪だったのだろうか。まだ若そうなのに。

 高度を挙げていくと霧氷の花見。この季節にこんな景色が見られるなんて!ぱらぱらと散るさまはまさに桜吹雪。でもらちょっとイタイ。

 地面は白い鮭フレーク!

 霧氷と烏ヶ山。この前は全く見えなかったけど、高くそびえとる。あの頂に行くことも、あるのだろうか。

 スキーアイゼンをつけて急登を登り、鳥越峠を横に見る・・・ていうか昨年連れてきてもらったところ、鳥越峠だと思ってたが違ったのか。もっと高いところだった。

 その鳥越峠、ジグ切ったトレースが見える。徐々に風が強くなり、あばらのアバラングが吹いてもないのにホーホーと鳴く。

 キリンのふもとで軽く昼食したあと、1,405峰を目指す。

 Fさんの奥さんは下に残るということで、3人で。

 かなりの急登。でも昨年は半分藪漕ぎだったのだけど、つるんとした雪の山。こんなになるんだ。

 足元を見ると、雪面にも霧氷が。

 振子さんの斜面にふたすじのシュプールが見えた。この写真じゃ見えないかな?縮小する前のにはハッキリ残ってた。すごいな。あんなとこあんなきれいに滑るなんて。

 もしあそこ滑った人が見てたら(見てないか)大きい写真置いときますので持ってってください!

 どうよこの高度感。これでも大山の中ではちっちゃい斜面なんだから末恐ろしい。もうすでに恐怖。

 地図ではキリン峠と書いてある1,405峰に到着。雄大さを感じる。準備をしていると槍ヶ峰の左肩に人影が!

 二人のスキーヤーが上から滑走開始!すげー!めっちゃカッケー!!

 真ん中あたりのおにぎり岩の左下に二人。見えます?このスケール。気持いいんだろうなぁ・・・。いつかあの斜面を滑っちゃったりすることもあるのだろうか。練習しなければ!

 上の方は慎重に滑ってたみたいだけど、途中から一気に落ちていった。気持いいんだろうなぁ・・・・・・・。もし見てたら(見てないか)大きい写真差し上げますのでご連絡を!

 烏ヶ山を眺めながら、僕は僕の身の丈に合った(いやちょっと上)の斜面に挑むことにしよう。昨年は藪が結構出てたこともあってほぼ横滑りで下りたこの斜面。こけたら多分下まで落ちる。下まで続いてるからコワイけど、この前の急斜面練習と比べれば雪質も滑りやすいし、なんとかなる・・・・でしょう・・・・。

 数人の登山者が上がってきたので、さっさと下りよう・・・。うーむ・・・いけ!ということで、ちょっと肩まで。ふぅ~。なんとかターンできた。

 水平移動したあと、みんなが待ってる肩のところまで一気に!うひゃうひゃうひゃ!谷側にカラダを放り出すときの無重力感というか内臓の浮く感じがたまらん!ちょっとびびりすぎたけどなんとか下りてきた。

 伝家の宝刀、得意のシャカックターン(=斜滑降&キックターン)を出すこともなく、ちょっと潰れたターン弧を残しながら下りてくることができた。チョー怖かったけど、この位の雪質でこのくらいの斜度ならこのくらい滑れますデータが取れた。EXP1ポイントアップ!レベルは2に上がった!

 どっから来たのか、さっきいたところへたくさん登っていくボーダーさん達を眺めながら、みんなで林の中を滑っていく。もうゲレンデと同じやね。こりゃ。春スキーバンザイ!

 下の方は斜度がゆるいし雪もいいので落ち着いて滑れる。あぁ。このくらいが心地良い。あっという間にだいぶ下ってきた。Fさんのだんなさんが迎えに来てくれるということで、3人はスキー場まで滑っていくことになった。途中で茶色いうさぎがかけていった。生うさぎ!

 沢筋を避けつつ、車道の方に出てきた。堰堤の下を乗り越えて、ちょい登りをのぼると・・・

 ゲレンデに到着。

 まだまだ快適に滑れるくらい雪があるのに、もったいない。

 せっかく開通してるからってことで、一度鍵掛峠まで行って写真を撮った。やっぱりスケールが違うなぁ。あの雲が去っていくまで待とうかと思ったけどたくさん車が入ってきたのですぐ離れた。

 しばらく奥大山の駐車場でだべったり行動食をつまんだり。Sさんはゲレンデに登っていった。僕は下から滑ったところを眺めた。右の三角のところね。トップから、向かって左の肩の方に滑って右に水平移動して、林のすいてるところを下りてきたと。あの二人のスキーヤーは左のトップからだから、すごいよねぇ。大きい写真で拡大してみると、その間にもたくさんシュプールが見えた。登っていったボーダーさん達かな。どこでも滑れるようになりたい。なれるかな。練習次第やな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. mouji より:

    あら~、お天気もまずまずで、気持ち良さそうな一日でしたね~!
    どうやら今シーズンのボクは、大山とは縁がなさそうで・・・。
    この雪の量なら、まだ行けますね!
    がんばろうっと!!

  2. shindy より:

    羨ましす!!
    やっぱり道具を片づけた事を後悔ですね。

    槍ヶ峰の三角斜面気持ちよさそうですね~♪
    振子まで行かなくても十分楽しめそうですね。
    来年の課題に・・・

    振子さんのシュプールはスプリットボード乗りの〇ロップさんかと思われます。

    しかし羨ましい羨ましい羨ましい!!!!!!!!!

  3. quickturn より:

    moujiさん

    現地で天気よさそうだったら連絡しますんで
    自家用ジェットで来て下さい!
    パラシュート降下で山頂でお待ち頂ければ・・・

  4. quickturn より:

    shindyさん

    >やっぱり道具を片づけた事を後悔ですね。
    なぁに、カンタンです。またひっぱり出せばいいだけの話ですよ!

    >来年の課題に・・・
    今世紀の課題です 雨

    >振子さんのシュプールは
    お~、ご存知の方でしたか。
    いやぁ、人間離れしてますねぇ・・・

  5. 粉雪男 より:

    始めまして、粉雪男と申します。
    冬になると,家庭を顧みず、山へスキーへ行ってばかりの駄目親父です。

    情報収集のため、ネット検索していたら、quickturn さんのブログを発見しました。
    しかも、日記を読んでると、自分達の話題が!

    >準備をしていると槍ヶ峰の左肩に人影が!

    槍ヶ峰下の鉄柱まで登ってみると、キリン峠に人が見えたので、こけたら恥ずかしいなと緊張しながらドロップしました(汗)
    取りあえず、こけなくて良かったです。

    今年は、雪が多くて大山もまだまだ遊べそうですね(嬉)
    いつか、山で会えることを期待します。

  6. quickturn より:

    まじですか!あそこを滑ってらした方ですか!
    すごいですねぇ。かっこよかったです!
    いつか、いつか挑戦できるように、修行したいと思います!

    あ、ちなみに冬も夏もあちこち行ってばかりの人がいますんでどうぞご安心を・・・・・・・・。

    こんなこともあろうかと(?)写真を撮ってみましたのでもしよかったらご覧ください!
    でもさすがにちっちゃいですけどね・・・。
    http://quickturn.jp/images/2011/0403/

    山でお会いできること、楽しみにしています!

WordPress/Twitter/Facebookのアカウントも使えるようになりました。